ワーケーションのポータルサイト、三菱地所が開設 施設予約や旅程づくりに対応

2020-09-12

三菱地所は7月27日、旅先で休暇などを兼ねてリモートワークをする「ワーケーション」の情報を発信するポータルサイトを開設した。情報収集や施設予約のほか、観光など現地での活動について相談できる機能もあり、自社に合った旅程を作成できる。リモートワークの普及によって予想されるワーケーションの需要拡大に対応する。

三菱地所が開設したワーケーションのポータルサイト(出典:三菱地所の WORK×ation ポータルサイト

ポータルサイトは「三菱地所の WORK×ation(ワーケーション)ポータルサイト」という名称で、ワンストップでワーケーション旅程を構築・発注できる。ワーケーションに注力している和歌山県や広島県福山市とも連携し、各自治体の情報も掲載している。

施設予約ページでは、掲載されている施設の空き状況を確認できる。サイト上から希望する日程を問い合わせると、JTBが運営する事務局につながり、交通機関と宿泊施設のほか、チームビルディングを目的としたアクティビティやCSR活動などを組み込んだパッケージを作成して発注することもできる。

施設予約のほか、観光などを組み込んだ提案をする機能もある(出典:ニュースリリース)

現在は、同社が7月27日に開業した長野県軽井沢町の施設と、2019年5月から運営している和歌山県白浜町の施設の2拠点について情報を掲載しているが、今後は自社運営以外のワーケーション施設の情報も掲載する予定だという。

7月27日に開業した軽井沢の施設(出典:ニュースリリース)

また、自社運営の施設数や展開エリアも拡大していく。展開エリアは、都市部からアクセスしやすい立地を想定している。休暇などと組み合わせた短期利用だけでなく、新型コロナの影響などを踏まえた拠点分散化、従業員の働き方の多様化を視野に入れた長期利用も想定し、利用シーンを限定しない施設づくりを目指す。

Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.