兵庫県三田市が「さんだ夢大使」を設置! 造形作家の新宮 晋 氏とパティシエの小山 進 氏を任命

2016-03-18

兵庫県三田市では、国内外に市の魅力を伝えるため「さんだ夢大使」を設置することとし、2016年3月15日、造形作家 新宮 晋 氏とパティシエ エス コヤマ オーナーシェフの小山 進 氏を任命しました。「さんだ夢大使」は、都市ブランドのイメージアップと知名度向上を図るとともに、三田市のまちづくりに対する提言、ひと・さと・食の魅力を国内外に広く発信していくことを目的としています。

3月15日(火)に三田市役所で開かれた任命式
3月15日(火)に三田市役所で開かれた任命式

【三田市について】
兵庫県三田市は、兵庫県南東部に位置し、豊かな自然と美しい街並み、そして安心して子育てできる環境があり、大阪や神戸などの大都市からのアクセスも非常によいまちです。食をはじめ、歴史や文化、レジャーなど、さまざまな魅力の中でここちよい暮らしが実現するまちで、「子どもに夢を」、「高齢者に安心を」、「地域に元気を」を目標に「日本一住みたい街」を目指しています。

ホームページ: http://www.city.sanda.lg.jp/

【さんだ夢大使とは】
さんだ夢大使は、三田市の都市ブランドのイメージアップと知名度向上を図るとともに、三田市のまちづくりに対する提言などを通じ、ひと・さと・食の魅力あふれる三田を国内外に広く発信していくことを目的に設置します。

<役割>
大使の役割は以下のとおりです。
1)三田市のまちの魅力を日々の活動の中で広く紹介
2)まちづくりに対する提案など
3)市民へのメッセージの提供など
4)催事など市の行事への出席など

<大使の紹介>
◆新宮 晋(しんぐう すすむ)氏
造形作家 新宮 晋 氏の手掛けた彫刻は、兵庫県立有馬富士公園の新宮 晋 風のミュージアムをはじめ、新三田駅前や深田公園など、三田市内でも数多く出会うことができます。
自然と共存する「未来の生き方」をテーマとした活動を行っており、次代を担う子どもたちに「未来の生活」や「自然とのかかわり方」を考える機会となる活動を、継続的に実施しておられます。
新宮 晋 氏の風や水で動く彫刻は、海外でも多くの公共空間に設置されており、高い評価を得ています。

◆小山 進(こやま すすむ)氏
2003年より、三田市ゆりのき台に「パティシエ エス コヤマ」を開業。「上質感のある普通味」を核にプロフェッショナルな味を展開し続けておられます。
2015年、イタリア・ミラノで開催された「ミラノ国際博覧会」においても、兵庫県代表としてショコラセミナーを実施。10月末、フランス・パリで開催されたチョコレートの祭典「サロン デュ ショコラ」、パリで結果が発表される「クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ」のコンクールでは、5年連続となる最高位の「ゴールドタブレット」を獲得するなど、名実ともに世界を魅了するパティシエです。
未来製作所をはじめ、施設内には子どもの「伝えたい」と大人の「知りたい」を産み出し育んでいく空間が広がっています。

<お2人からのコメント>
◆新宮 晋 氏
私は絵本も描いていますが、絵本を通じて子どもたちに伝えられるメッセージはとても大切です。私の絵本は世界中で読まれているので、メッセージが子どもたちに広がっていくのは、大きな喜びであると同時に責任も感じます。
三田に住んでいる子どもたちが、三田に誇りを持って、これから未来を築いていけるような、そういう町になればと願います。私は海外の仕事を数多くしていますので、三田の子どもたちに世界を知ってもらい、また海外でも三田の素晴らしさを伝える、そういう活動をしたいと思います。
大事なことは、三田のオリジナルは何かということです。他でやっていることを真似するのではなく、三田の特色を生かした活動を展開し、実行していきたいですね。私も頑張りますので、三田市にもご尽力をお願いしたいと思います。どうかよろしくお願いします。

◆小山 進 氏
これまでも個人的に会社単位で、三田の素材や三田のいいところは紹介してきました。ですから、今日を境に特別に何かを発信ということはないけれど、市で一丸となってやるということは大きな意義があると思います。これから始まる構想にもゼロから参画し一緒に考えていきたいと思います。
子ども達には、将来素晴らしい表現者になっていただきたいので、学校ではできないことで私だからできることを協力していくつもりです。表現することの楽しさや、褒められること、チャレンジしていくことを伝えたいと思っています。
そして、何より一番大事なことは、自分自身が憧れられるような見本でいることだと思っています。
三田の大人たちが、子ども達に憧れられるような大人でいることが大事だと思いますので、自分ができる発信は市と協力してやっていきたいと思います。

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.