11月27日(水)第3回うわじまじかん​の開催

2013-11-06

宇和島市では都市住民との交流事業として、こだわりの生産者や、 宇和島の歴史や文化に精通している人、おもしろい活動をされているNPOの人たちなど、 宇和島の「人」を地域資源として活用し、そういったユニークな市民をゲストスピーカーに都市住民に対して町の魅力を発信するトークショーと、その後、宇和島の食材を使った食の交流会をセットにした、いわゆる「食談義」スタイルのイベントを実施しています。

2月に第1回目、5月に第2回目を東京で開催し、 双方ともに盛況に終わりまして、 参加者の中には面白かったので現地を見たい!ということでわざわざ観光に来てくださる方も いらっしゃいました。

第1回目の様子はこちら↓
http://uwajimabussan.jugem.jp/?eid=336
第2回目の様子はこちら↓
http://uwajimabussan.jugem.jp/?eid=342

2回ともかなり好評だったので、 調子に乗って3回目はこれまでの開催地である東京ではなく、 宇和島市の姉妹都市である仙台で開催することにいたしました。

第3回のテーマは、宇和島のソウルフード「じゃこ天」。 宇和島の練り製品は江戸時代に仙台の蒲鉾職人を伊達のお殿様が連れてきたのがはじまりとされています。
今回は、宇和島で蒲鉾店を営む方をゲストに、 宇和島と仙台の練り製品について熱く語っていただいたのち、 参加者のみなさんで宇和島の食を味わいながら交流を深めたいと思います。

◎第3回「うわじまじかん」概要
1.と き 平成25年11月27日(水)19:00~21:30(受付18:30~)
2.ところ ANAホリデイ・イン仙台(仙台市若林区新寺1-4-1)
3.内 容 仙台と宇和島の練製品とその未来について
4.ゲスト (株)島原本舗 代表取締役 島原豊行 氏
5.会 費 4,500円(食事代:会場で集めさせていただきます)
6.定 員 先着45名様
7.内 容 第1部 ゲストトーク「宇和島と仙台の練製品について」
第2部 うわじま食の交流会
・途中、宇和島の特産品が当たるアトラクションあり!
8.締 切 平成25年11月22日(金)までにお申込下さい。
9.その他 第1部のみ、第2部のみという参加はできません

お申込み等、詳しくは以下のページまで
http://www.city.uwajima.ehime.jp/www/contents/1380253409293/index.html

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.