神川のうまいもん&スローフードを満喫する2日間 大収穫博覧会in神川町 「食と農がつなぐ未来をめざして」

2013-10-28

株式会社JTB関東(埼玉県さいたま市、代表取締役社長:今枝敦)は、オーガニックに力を入れる埼玉県神川町で、スローフードを満喫するツアーを実施します。ツアーは11月8日(金)と12月7日(土)に出発する1泊2日のコースとなります。

関東平野の西端、埼玉県の北西部に位置する神川町(埼玉県児玉郡)は、良質な水や豊かな自然に恵まれ、都心から身近に訪れることができる自然豊かな町です。2013年11月と12月、神泉の郷 有機農業促進協議会は観光庁の官民協働した魅力ある観光地の再建・整備強化事業の一環として“スローフード体験プレミアムツアー”を企画しました。11月は「食と農がつなぐ未来をめざして」と題した大収穫博覧会に合わせた実施となります。ツアーでは、有機野菜の収穫体験や伝統食作りをとおして地元生産者との交流を行い神川町ならではの食の魅力を体感することができ、秋から冬に咲く600本もの冬桜鑑賞や金鑚神社見学など神川町の自然にも触れ合います。地域一丸となって取り組む神川町ならではの食・農・自然を「『オーガニックビレッジ』神川」というブランドと位置付け、スローフード体験プレミアムツアーでは「自然が調和する『オーガニックビレッジ』神川」としての魅力をPRします。

■ ツアーの特徴 ① 世界に有機農業の魅力を発信している農家さんと農業体験ができる! ② 地元の有機農産品を使った、神川流絶品料理を堪能できる! ③ ライトアップされた幻想的な冬桜をご覧いただける!

都心から80分で昔懐かしい雄大な日本の原風景に出会えます。 その中での農業体験やお食事は、格別な風情をお楽しみいただけます。

11月のツアーでは、大収穫博覧会の見学・参加も可能。四條家による大収穫祭の見学、地元農家で有機野菜の収穫、「飼料からこだわった卵取り」、「地元小麦を使ったピザ作り」、通常は見学出来ない「マヨネーズ工場の見学」、「地元の方々と伝統食を作るワークショップ」、首都圏の大切な水源を知る「下久保ダム」や御獄山がご神体となる珍しい「金鑚神社」見学、そして城峯公園にライトアップされた600本もの幻想的な「冬桜鑑賞」など、神川町の見どころを凝縮したプランにしました。

「『オーガニックビレッジ』神川」とは

地域全体で、食と農がつなぐ未来をめざして推進している神川町ブランドです。神川町の恵まれた自然や水源と都会から車で80分という便利な立地を活用し、「有機農産品や地域特産品を用いた料理の提供」や「心と体がリフレッシュする自然体験」、「味噌や醤油などの日本伝統食づくり体験」などに取り組んでいます。

詳細URL: http://tabicollege.jp/area/022/022_monitor.html

 

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.