にっぽん日和 香川 坂出市 前編

2013-03-19

後援:観光庁
「にっぽん日和」は観光庁後援のコンテンツです

にっぽん

海抜175m の高さから臨む瀬戸大橋。2008年の開通20周年には、坂出市与島で開通記念式典を開催。橋上は事故や悪天候以外で初めて全面交通止めとなり、マラソン・ジョギング・ウオーキング大会が開催されました。

2013年は開通25 年の節目のメモリアルイヤーです。

四国の玄関口 坂出市

四国の玄関口 坂出市

革新と変化を受容したまちが

積み重ねてきた文化を見る

四国の玄関口 坂出市

四国の玄関口である坂出市。江戸時代には「塩のまち」として栄え、戦後の高度成長期には番の州工業地帯を中心に、港湾工業都市へと変貌を遂げます。昭和63 年には瀬戸大橋の開通により、交通や物流の要衝としての役目はより重要なものとなりました。
今、坂出市は「古のロマンのまち」として、新たな時代を迎えようとしています。古くから人が行き交うこのまちには、歴史上の人物との縁が数多く留められています。自然と文化の香り豊かなこのまちで、古の偉人たちはどのような物語を紡いだのか。その足跡を辿る旅もまた一興です。

坂出市建設経済部坂出市建設経済部
(左)部長 阿野要一さん
(右)にぎわい室 谷本祐司さん

(中央)坂出市副市長 加藤悟史さん 坂出市建設経済部産業課(中央)坂出市副市長 加藤悟史さん
坂出市建設経済部産業課
(左)にぎわい室 谷久真哉さん
(右)にぎわい室 澤井久樹さん

瀬戸大橋のエキスパート

瀬戸大橋のエキスパート瀬戸大橋のエキスパート

本州四国連絡高速道路株式会社
坂出管理センター(右)副所長の小川和也さん、(左)計画課長の武田茂さん。

御年76 歳のゴールデンゲートブリッジに比べたら、瀬戸大橋はピチピチの25歳ですよ」と小川さん。
橋の小さなハッチからボルト一つまでを把握するエキスパートが、海抜175m から一生に一度の景色を見せてくださいました。

てくてくさぬき てくてくさぬきてくてくさぬき

てくてくさぬきてくてくさぬき

香川県史のエキスパートと行く
崇徳上皇を偲ぶ道

石井雍大さんは、36 年間県下の高校で教鞭を執って来られました。現在は香川県歴史教育者協議会の会長として、ユーモアあふれる語り口で香川県の歴史を紹介してくれます。

http://www.my-kagawa.jp/event/tekuteku/

万葉の歌に詠まれた沙弥島万葉の歌に詠まれた沙弥島万葉の歌に詠まれた沙弥島

万葉の歌に詠まれた沙弥島

沙弥島はかつて、坂出の沖合に浮かぶ小島でしたが、番の州埋立事業により陸続きになりました。万葉集には柿本人麻呂がこの島の風景を詠み、島の北東面に位置するナカンダ浜には多くの土器や史跡も出土する、古のロマンを感じる島です。

瀬戸内に集う人々瀬戸内に集う人々

瀬戸大橋の存在感を感じて
「愛を叫ぶ」ツアーと芸術祭

島と島、人と人とを結ぶ瀬戸大橋は、どこから眺めても魅了される勇姿。昨年は、坂出市観光協会主催による「海抜175m から愛を叫ぶ 瀬戸大橋スカイブリッジツアー」が実施されました。これは普段一般の人が立ち入ることのできない通路を通り、橋梁上に登ることのできる大胆な企画。昨年は「妻にありがとうと言いたい」という60 代の男性を始め、10 カップルが参加し、今年も12 月に
予定されています。
一方、瀬戸大橋が風景の一部となる沙弥島は、『瀬戸内国際芸術祭』の会場となります。参加アーチストの1、五十嵐靖晃さんの作品は「そらあみ」。地元の漁師さんを始め、地域の多くの人たちと共に漁網を編み、沙弥島の波打ち際に立ち上げます。
「知らない人たちがこのワークショップで出会い、昔の知恵などが伝わるといいなと思う」と五十嵐さん。色とりどりの漁網から、どんな瀬戸内の景色が見えるのか、期待が高まります。

沙弥島に集うアーチスト沙弥島に集うアーチスト

そらあみ」を主宰する五十嵐靖晃さんは、仲間と共に今年の1月に沙弥島に入り、地元の方々と漁網を編み始めま
した。2/6 の時点で「今日までにワークショップに参加した人は約80 人、うち60 人が漁師さん」であるそうです。
完成予定は高さ5m、幅60m。「点と
点がつながり、いろいろな人の手跡が残るのがいいんです」。

写真:「そらあみ」完成予想


瀬戸内国際芸術祭2013瀬戸内国際芸術祭2013

春:3 月20 日(春分の日) - 4 月21 日(日)
夏:7 月20 日(土)- 9 月1 日(日)
秋:10 月5 日(土) - 11 月4 日(月)

http://setouchi-artfest.jp/

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.