ファイブエル ミシラン 清流のそば処 祖谷美人

2013-01-31

後援:観光庁
「にっぽん日和」は観光庁後援のコンテンツです

素朴で温かみのある郷土料理

おあがりなして“ でこまわし”
 清流のそば処 祖谷美人

赤々と火が篭る炭を、捕れたてのあめごや鮎が取 り囲み、香ばしい匂いを漂わせる。竹串に刺さった じゃがいも、豆腐、こんにゃくは、徳島の伝統芸能 である人形浄瑠璃の木偶に見立てて『でこまわし』 と呼ばれている。

囲炉裏の火から窓に目を移すと、山の気候は刻々 と変化している。やがて〝でこまわし〞から味噌と 柚子の香りが立ち上り、食べごろを伝えてくる。

「とうふもこんにゃくも、ウチで作ったものです。 こんにゃくは、お湯から上げたときは白いんですよ」 と、女将の谷口夏江さんが見せてくれたのは、こぶ し3つ分くらいの大きなこんにゃく。ほかほかと湯 気をあげる様子は、雨のあとに山々から立ち上る蒸 気のようだ。

この土地のお歳暮は、地元産の蕎麦、こんにゃく、 豆腐がポピュラーだという。こんにゃくも豆腐も歯 ごたえがある。「石豆腐」と呼ばれる所以である。都 会のスーパーで手に入るモノとは少々趣が違うのだ。

「でこまわしにつける酒、柚子、味噌のあわせ調味 料も全部地元のものです。山間の集落だから、昔は 町に出て食糧を調達するのが難しかったんです。そ こから食糧を保存する知恵が生まれ、郷土料理になっ たんです」

蕎麦は自家製粉の手打ちそば。粘り強い素朴な味 だ。上に乗った甘みのあるお揚げも、この土地オリ ジナルの〝歩危あげ〞。作っている方が高齢のため、 いつ手に入らなくなるかわからない食材だという。

厳しい自然と共生しながら生まれた郷土料理は、 土地の人の手のぬくもりを感じる料理だった。

でこまわし 300円

ぼけあげ蕎麦 800円

石どうふ冷奴 500円

清流のそば処 祖谷美人

三好市西祖谷山村善徳9-3

TEL.0883-87-2009

【営業時間】8:00~17:00

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.