“遠い故郷の活性化を遠方から支援する”ウェブ参加型地域貢献プラットフォーム 2県同時リリース 『FAAVO(ファーボ)熊本』、『FAAVO(ファーボ)石川』 1月28日始動

2013-01-29

株式会社サーチフィールド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小林 琢磨)は、 2013年1月28日より、地元の活性化を遠くからでも支援・応援したい地方出身者をメインターゲットとした、 新しい地元応援クラウドファンディングサービス『FAAVO(ファーボ)』の 『FAAVO熊本』『FAAVO石川』の2県を同時リリースいたしました。

詳細はこちら

FAAVO熊本: https://faavo.jp/kumamoto

FAAVO石川: https://faavo.jp/ishikawa

■FAAVOとは?

ユーザーがお気に入りの街の“地域を盛り上げるプロジェクト”を、 遠くにいながら支援/応援できるウェブ参加型の新しい地域貢献プラットフォームです。 県内外で行われる“地域を盛り上げるプロジェクト”をFAAVOに投稿すると、 共感した全国の同郷の人やその県に思い入れのある人たちなどが輪を広げ、 さらにはプロジェクトを実現する支援金を広くから募ることができます。 現時点で宮崎県、新潟県、埼玉県、そして今回リリースした熊本県、石川県を含め、 合計5県で展開しております。

■なぜ『FAAVO熊本』、『FAAVO石川』なのか?

熊本・石川それぞれの県で、既に地域活性化に取り組んでいる団体の方から 「自分の県でもぜひFAAVOを運営したい!」とお声掛けをいただいたことをきっかけに、 それぞれの地元にてクラウドファンディングの勉強会が早期に実現しました。 その後も地元団体の方たちと十分な協議を重ねた結果、 お互いで協力し合いながらFAAVOの長期的な運用が出来る見通しが立ったため、 このたび熊本・石川をリリース、という流れとなりました。  

■『FAAVO熊本』、『FAAVO石川』の特徴

FAAVO宮崎・新潟・埼玉の運営は、FAAVOの運営会社である サーチフィールドが主体となり東京から運営を行ってきました。 それに対して熊本・石川は、地元の団体と密に協力し、地元団体が起案者の相談窓口になることで、 より地元に踏み込んだ、地元活性化プロジェクトの発掘を行っていく予定です。 また、FAAVO熊本は見てのとおり、ご当地ゆるキャラ「くまもん」をロゴに使用しました。 全国的にも名前が知れ渡っている人気者のくまもんを利用することで、 全国の方にFAAVO熊本を知っていただく機会となればと思っています。

■『FAAVO熊本』、『FAAVO石川』プロジェクト例

リリース時の『FAAVO熊本』には、熊本にフェアトレード文化を定着させるための写真展開催のプロジェクトや、 熊本にサンバ文化を普及させるためのプロジェクトを掲載しています。 一方『FAAVO石川』は、学生の生活を支えるために、奨学金ならぬ「奨学米」を支給するプロジェクトや、 能登島をオリーブ畑でいっぱいにするプロジェクトを掲載しています。 FAAVO全体では、今後も各県毎月3〜5つのプロジェクトの掲載を予定しています。

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社サーチフィルド

FAAVO担当 : 齋藤 隆太

Email: infoinfoinfo @searchfield.jp

TEL : 03 -5856–6374 (代表)

FAX : 03 -5856-6375

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.