静岡市の産業振興支援に公式ホームページ上で多目的ビデオ会話サービスを開始

2012-06-26

静岡市清水産業・情報プラザ(指定管理者:静岡商工会議所)は、公式ホームページ上で音声と映像による多目的ビデオ会話サービスを5月11日より開始しました。 公式ホームページには次世代のWebコミュニケーション技術(クラウド対応Webサイト双方向コミュニケーションフレーム)を実装し、中小企業の情報化による同業種・異業種間のネットワークづくりや経営の合理化、創業者を支援するインキュベート施設の整備による新たな産業の創出、大学等研究機関の持つシーズと中小企業の持つニーズとの交流やマッチングによる新産業の開発など、地域産業の振興と地域情報化の推進を積極的かつ強力に支援するというものです。

ホームページ利用者は、閲覧するホームページからスタッフを呼び出し、各種問い合わせや相談を音声通話、ビデオ通話、チャットで会話でき、スタッフは利用者の目的とするページを開いてお見せしながら相談に乗ることができます。また、ホームページ運営者は閲覧する利用者に対して音声アナウンスできるWebアナウンス機能もあり、イベントの案内などをホームページ上から音声で一斉発信できます。 また、本サービスはWebの特性を生かし、東日本大震災のような有事の際に衛星電話や非常時専用電話に次ぐもう一つの強力な通話手段として、また情報発信手段としてBCP(事業継続計画)の強力なバックアップとしても機能します。 例えば、住民に向けての情報発信手段である防災無線の通信インフラが被災破損し情報伝達手段が寸断されると言った想定外の場合でも、Webアナウンス機能により全てのホームページ閲覧者にホームページ上から防災無線やCATV放送と同様に音声による情報発信が可能で、県外など防災無線が届かない地域に避難した被災者の方にも情報を送り届けられる心強い情報受発信手段として活用できるのです。

今回公式ホームページに実装したサービスには、SKY-NETWORK社のクラウドサービス「POP&GO」を採用しました。利用者は専用ソフトをダウンロードやインストールすることなく普段通り検索からホームページに入っていただき誰もが簡単に音声通話できる完全バリアフリー。ホームページ上で利用者と会話できるだけでなく、ラジオ放送さながらにWeb放送をオンエアできるなど、従来の閲覧利用するだけのホームページの時代は終わり、Web放送を視聴しながら双方向でコミュニケーションが取れる時代に入りました。

★静岡市清水産業・情報プラザ  PAG-URL:http://www.siip.jp/ (音声通話対応)

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.