東京情報大学が産官学民の連携を図る拠点として、千葉ステーションキャンパスをオープン

2012-05-31

5月28日、千葉駅近くに産官学民の連携を図る拠点として東京情報大学の千葉ステーションキャンパスがオープンしました。大学と地域のより強く結びついた連携を目指して今後様々な取組みを行う予定です。

5月28日に行われた開所式では、千葉市長熊谷俊人氏も出席され、「市にとって大学は重要なパートナー。手を携えてICT(情報通信技術)を全国に発信していきたい。ここがその道のりの第一歩になるよう、市も後押ししたい」と述べられました。

今後地域の方を対象としたパソコン講座やデジカメ講座、FACEBOOK講座を開講したり、高校生、受験生を対象とした講座を開講したりと市民の方に幅広く活用していただける場所として千葉ステーションキャンパスを運営していく方針です。

設備としては、講座の開ける80人収容可能の講義室のほか、進路・就職相談ブース、ラウンジスペースなど様々な用途で使えるスペースがあります。

また、東京情報大学は来年度から12コース制の総合情報学科を新設し、多様化する情報社会をリードする人材育成を目標に変革の年を迎えます。千葉ステーションキャンパスには多種多様な12コースの紹介ブースが工夫を凝らして設置してありますので、高校生の方々にぜひ見て、体感して、将来を考えるきっかけにしてもらいたいとの考えです。

詳しくは、東京情報大学千葉ステーションキャンパスHP

http://www.satellite.tuis.ac.jp/

住所: 千葉県中央区新町18-10 千葉第一生命ビルディング6階

連絡先: 043-441-8500

 

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.