東日本大震災:今求められているもの「支援活動の本質を語る」

2012-03-16

ミニシンポジウム/まちカフェ夜学

【東日本大震災:今求められているもの「支援活動の本質を語る」】

■日時:2012年3月27日 19:00~21:00

■会場:大田文化の森(東京都大田区中央2-10-1)

■概要:

震災から1年が経過しました。ボランティアの支援が少なくなる中、現在でも継続的に被災地の支援活動を行っている大田区のまちづくり実践者による東日本大震災復興支援活動の報告会を開催します。

東松島でTシャツづくりを通じて子ども達の心の復興を支援するクラカタヒロシさん。被災地各地でガーデニングを通じたコミュニティの元気づくりを実践する牧野ふみよさん。そして田の浦集落の復興まちづくりを支援する私(鵜飼)も報告します。

まちづくり実務者3者による本質に迫るディスカッションができることと思います。関心のある皆様のご参加お待ちしております。

アルコール可のざっくばらんな意見交換会です。(2次会も予定) みなさまのご参加お待ちしております!

■参加費:1ドリンク+おつまみ付で一般1,500円/会員1,000円。

■申し込み:NPO法人大森まちづくりカフェ

メール:office@oomori-cafe.com またはtel・fax:03-5935-7881

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.