地元グルメの夕食をセットにした熱川温泉味覚漫遊シリーズの第一弾を受付開始!

2011-08-30

伊豆熱川温泉紫雲閣ホテルオグラでは、地元グルメの飲食店の夕食をセットにした「熱川温泉味覚漫遊」シリーズを企画、第一弾として中華料理・マダム媛の宿泊プランを平休日6300円で、8月29日宿泊分より受付を開始しました。

伊豆熱川温泉の海辺にある料理温泉旅館紫雲閣ホテルオグラ(株式会社幸陽ホールディングス運営)では、地元グルメの隠れた名店の夕食をセットした「熱川温泉味覚漫遊」シリーズを企画致しました。第1弾として「熱川温泉味覚漫遊【中華・マダム媛】平休日お一人様6,300円・休前日9,450円」を企画、8月29日宿泊分より受付を開始致しました。

第2弾は、第1弾の状況を半年間分析し、販売する予定です。

 

■プランの詳細はウェブサイトをご覧ください。
http://www.atagawa-shiunkaku.jp/china6300.html

 

紫雲閣ホテルオグラ 相談役小倉吉太郎コメント

「温泉旅行の楽しみは、夕食もその一つです。 温泉旅館も一生懸命努力してフランス料理の手法や中華料理の手法も学び色んな料理を提供してきました。冷製スープ、スープのパイ包み焼き、伊勢海老のソテーXO醤ソース掛け、百数種類の洋食・中華メニューを取り入れた日本料理を提供した時期もありました。 本物志向が強まる中、十年位前から、本格的旅館会席の再現の為、日本料理研究会の長島建雄師範をお招きし日本料理の提供を進めました。 数年前から2階にネパール料理店を誘致し、旅館料理と違った夕食の提供も行ってきました。 価値観が変化し、夕食の無いビジネスホテルを観光の拠点とする旅行客も多くなってきました。 今年は訳アリ商品で、「お外で中華」・「お外でパスタ」というプランも造成しテレビ局にも取り上げられました。 温泉場の料理店も旅館とのコラボレーション企画を真剣に考えるお店も出て参りましたので今回は、隠れた名店のご当地グルメの夕食を組み入れた「熱川温泉味覚漫遊」シリーズを考え賛同してくれた「マダム媛」の中華コースを商品化してみました。プラン名は、「熱川温泉味覚漫遊【中華・マダム媛】平休日お一人様6300円・休前日9,450円」です。 まだ実験販売的なプランですが、東日本震災以降初のテーマ性のあるプランですのでお客様の反応が楽しみです。」

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.