放射能高精度検査機器を福島の米生産者に7/29より貸出

2011-07-29

【要旨】

有機食材宅配のパイオニア・大地を守る会は、放射能の高精度検査機器「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」を福島県の米を中心とした生産団体「ジェイラップ」に貸し出し、産地で取り組む除染試験を支援します。

土壌や生産物を随時測定することで、効果的な除染方法を探ります。また今年の秋に収穫される米の安全性も確認しながら栽培します。

 

 

 

【詳細】

●検査機器貸し出しによる除染試験概要

<内容>
大地を守る会で所有する「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」
を貸し出し、産地で取り組む各種の除染試験を実施する。

<貸出先>
ジェイラップ(福島県須賀川市)
福島県須賀川市にて米を中心に生産している団体。

<貸出機器>
「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」。
核種ごとの分析が可能高精度検査機器。
鉛シールド(厚さ50mmの鉛+厚さ3mmの無酸素銅)の利用で
環境値の影響を1/10程度に減らし高感度な測定が可能。

<検査機器受渡日時>
7月29日(金)14:00

■ジェイラップで実施する測定計画の概要

①放射線低下試験の実施
土壌サンプリングを行い、同一条件の土壌による比較試験を実施。
試験資材は除染に効果があるといわれているEM菌や、酵母濃縮廃液など
10種程度使用。

②水田圃場での移行推移測定
生産者別に指定した圃場ごとで、土壌・根・稲体ごとに
定期測定による移行推移測定のデータ化を行う。

③収穫直前期での玄米サンプリングを実施
全圃場を対象にした効果的な収穫前サンプリングを実施。

④収穫時での測定
白米、稲ワラ、モミ殻、米ぬか別に実施。

⑤分析・評価
最終的には、複数の専門家・研究者による解析と総合評価を行い、
その成果を公表するとともに次年度につなげる。

●土壌や生産物を随時放射能測定することで効果的な除染方法を探し、
次年度へつなげる

いまだ終息が見えない福島第一原発事故により、多くの地域で放射能の
影響を受けています。特に原発のある福島県での影響は深刻で、
生産をとどまる農家もでてきています。とくに今年収穫する米については、
どれだけ米に放射能の影響があるかが不明のまま、生産者は不安を抱えつつも
栽培をしています。そこで、実際に土壌の除染試験をし随時検査機器にて
値を確認することで、効果的な除染方法を探るとともに安全性を確認します。

●具体的な測定によって風評被害を払しょくし、復興支援につなげる

大地を守る会では青果物全品目の放射能測定をしており、7月27日現在、
福島県の青果物もほとんど放射能不検出(検出限界値10ベクレル/Kg )の
状態になっています。しかし、福島や北関東産は避けたいという消費者の
心理が働き、販売不振に苦しんでいます。そこで数値を測ることで、
食べても安心であることを伝え、消費を促すことで復興支援につなげます。
また日本の食料庫でもある東北の第一次産業を守るためにも、
安全性を消費者に伝え、買い支えを促します。

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.