消費者から集めた応援メッセージと、大漁旗を被災地に届ける 「三陸応援炊き出し」(日時:7/30)

2011-07-26

有機食材宅配のパイオニア・大地を守る会は、
100万人のキャンドルナイト@増上寺(港区にて2011年6月18日開催)で

消費者から集めた被災生産者へのメッセージをアルバムにしたものと、
復興の願いをこめたメッセージつきの大漁旗を生産者に届けます。
この大漁旗は、全国の大地を守る会の水産生産者から、
三陸で被災した生産者に「いつかまた、この大漁旗をなびかせる日がくるように」と願いを込めて贈ったものです。
また被災地の子どもたちに元気になってもらうために、大地を守る会の社員や生産者、消費者など26名と
宮城県東松島市の仮設住宅で、かき氷や綿あめなどのお祭り屋台を開催します。

 

 

 

●大地を守る会の三陸応援炊き出し概要

 

■日時:7月30日(土)
■場所:宮城県東松島市大塩仮設住宅
■目的:被災生産者に、100万人のキャンドルナイト@増上寺
(港区にて2011年6月18日開催)にて集めた被災生産者への
メッセージをアルバムにしたものと、
復興の願いをこめた大漁旗を届ける。
また屋台を開催して、被災者に元気になってもらう。

■炊き出し内容:バーベキュー、焼きそば、生野菜、かき氷、綿あめ、すいかわりなど
各400食

■参加者:大地を守る会の社員13名、生産者4名、消費者7名、
ドライバー2名 計26名

■メッセージ:100万人のキャンドルナイトで集めたもの  375件
大地を守る会社員によるもの       約300件

■メッセージを贈る生産者:
遠藤蒲鉾店(宮城県塩釜市)、マミヤプラン(宮城県塩釜市)
奥松島水産振興会(宮城県東松島市)、高橋徳治商店(宮城県石巻
市)、タイム(宮城県気仙沼市)、村田漁業(岩手県陸前高田市)、
重茂漁港協同組合(岩手県宮古市)

■大漁旗について:
全国の水産生産者から三陸で被災した生産者に贈られたもの。
以下大漁旗を贈った生産者。
山茂丸(神奈川県横須賀市)、祇園丸(愛媛県西予市)、
カネモ(愛媛県松島市)、皿垣漁業協同組合(福岡県柳川市)、
福栄(鳥取県境港市)、大平丸(千葉県船橋市)、
大地を守る会・おさかな喰楽部(千葉県千葉市)

●消費者から集めた被災生産者への応援メッセージと、
復興の願いをこめた大漁旗を生産者に届ける

震災から100日目の6月18日に開催されたイベント
「100万人のキャンドルナイト@増上寺」では、被災生産者も参加して
「食べて復興応援屋台」を実施しました。
それとともに会場にて、被災生産者にむけてのメッセージを募ったところ、
375件ものメッセージが寄せられました。
それに加えて大地を守る会の社員のメッセージ約300件を
追加したものをアルバムにして、復興の願いをこめた大漁旗と
ともに生産者に届けます。
この大漁旗は、全国の大地を守る会の水産生産者から、
三陸で被災した生産者に
「いつかまた、この大漁旗をなびかせる日がくるように」と
願いを込めて贈ったものです。

●元気を届けるために、かき氷、綿あめなどのお祭り屋台を実施

通常の炊き出しに加えて、被災地の子どもたちに元気に
なってもらうために、かき氷、綿あめなどのお祭りの屋台を実施します。
食材は大地を守る会のものを使用します。

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.