2016年1月

全国250自治体が「ふるさとチョイス」で寄附額1億円超! ~2015年ふるさと納税申込み金額~

2016-01-30

株式会社トラストバンク(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:須永 珠代)が運営する、ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を介して2015年(1月~12月)に申込まれた「ふるさと納税」による寄附が1億円を上回った自治体は、全国で250超となりました。

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」
ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」

<寄附申込み額1億円超の自治体(エリア別)>
※県庁を含みます
※申込み額であり、歳入の寄附額ではございません

エリア/該当自治体数
・北海道  : 32
・東北   : 34
・関東   : 26
・中部   : 50
・近畿   : 27
・中国   : 20
・四国   : 14
・九州・沖縄: 51
【総計】 : 254

▼表はこちらにてご確認いただけます
https://www.atpress.ne.jp/releases/88057/img_88057_3.png

全国各地の自治体へ多くの寄附が寄せられた背景には、2015年4月の制度改正による、税金からの還付または控除額の拡充および年間5自治体までの寄附であれば確定申告が不要(※ただし別途申請が必要)となったことが大きいと推測されます。

また、自治体の職員や地元生産者・事業者の方々の地域資源をどのように活かすか、寄せられた寄附をどのように使うかなど、「ふるさと納税」を課題解決の手段として活用した結果であると考えます。

『ふるさとチョイス』は全国すべての自治体の「ふるさと納税」の使い道およびお礼の品を掲載する圧倒的な情報量、寄附先の選びやすさ、寄附の申込みからクレジットカード決済までの手続きの利便性などにより、これまで多くの寄附者の皆様と自治体を結んで参りました。

『ふるさとチョイス』
http://www.furusato-tax.jp

2016年1月20日時点で、登録お礼の品数約52,000点、寄附の使い道数約9,400点、掲載自治体数は1,788自治体(全国100%)、プロジェクトに特化した資金調達支援である「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」ではプラットフォームを提供し、累計8億5千万円超の寄附を集めています。
また、災害時の即時資金調達を支援するため、「災害時緊急寄附申込みフォーム」を無償にて全自治体に提供しています。

今後も本制度を通じた、産業振興、観光促進、移住定住、災害時即時資金調達支援など地域の課題解決を提案して参ります。

□■ふるさとチョイスについて■□
『ふるさとチョイス』は、株式会社トラストバンクが企画・運営する、ふるさと納税総合サイトです。
自治体との契約数750超、月間ページビュー数1億超と、質・量ともに充実した情報量を誇ります。地域が持続可能な仕組みを構築するためのふるさと納税の活用方法など、自治体や事業者・生産者向けに全国でセミナーを開催。また、ふるさと納税を正しく理解いただく場として、寄附者向けセミナーを開催しています。

あなたの意思をふるさとに

▼ふるさとチョイス
http://www.furusato-tax.jp/

▼ガバメントクラウドファンディング
http://www.furusato-tax.jp/gcf/

<会社概要>
社名   : 株式会社トラストバンク
所在地  : 〒150-0036 東京都渋谷区南平台町3-7 2F
代表者  : 代表取締役 須永 珠代
設立   : 2012年4月2日
資本金  : 750万円
事業内容 : メディア事業、他
サイトURL: http://www.trustbank.co.jp

芝浦工大、産技大、都産技研による研究会、オリンピックでの実証を目指し、 “おもてなしロボット”のネットワーク連携実験に成功 ~利用者とのコミュニケーションや、複数台が情報共有しビッグデータ収集~

2016-01-28

芝浦工業大学(東京都江東区/学長 村上雅人)と産業技術大学院大学(東京都品川区/学長 石島辰太郎)、首都大学東京(東京都八王子市/学長 上野淳)らによる「ベイエリアおもてなしロボット研究会」(※1)は、現在開発中のおもてなしロボット『コンシェルジュ』とサイネージロボット(※2)をスマートフォンやICカードと連携させ、人が複数のロボットへ接触することによって、その間の行動履歴を取得できる実験システムを開発しました。

おもてなしロボット「コンシェルジュ」1
おもてなしロボット「コンシェルジュ」1

今回の実験では、3地点のブースを使ったアンケート形式でのスタンプラリーを通して、アンケート集計だけでなく巡回ルートや移動時間といった間接情報の収集を行うことができました。さらに機能強化を行うことで、過去や現在の情報を元に、利用する先々で個人にマッチしたサービスを提供することが可能となります。
今後はネットワーク化を強化しつつ技術開発を行い、2016年に10数台を商業施設で、2020年には東京オリンピック・パラリンピックの会場周辺で100台規模の実証実験を目指します。

おもてなしロボット「コンシェルジュ」1
https://www.atpress.ne.jp/releases/88027/img_88027_1.jpg
おもてなしロボット「コンシェルジュ」2
https://www.atpress.ne.jp/releases/88027/img_88027_2.jpg

■おもてなしロボットの将来の活躍
・オリンピック・パラリンピック会場や商業施設等で来場者対応をしつつ、混雑具合や人の移動パターンを記録し、導線設計に活かす。顔認証を応用することで、迷子対応も可能。

・観光ガイドとして、旅行者が希望する言語で回答・道案内等をしつつ、利用者の国籍や性別、年齢層の把握をする。スマートフォン等を元に個人を認識し、データを元に嗜好に応じたサービスの提供が可能。

■ロボットを使うメリット
<利用者>
1.ロボットとのコミュニケーションを楽しみながら情報が得られる(多言語化も可能)
2.以前行ったやりとりがロボット間で引き継がれ、行く先々でコンシェルジュ対応が受けられる

<設置者>
1.ネットワークで繋がっているため、利用状況や混雑具合など情報をリアルタイムにチェックできる
2.利用者の行動履歴やパーソナルデータを蓄積し、マーケティングに繋がるビッグデータ収集ができる

■おもてなしロボット「コンシェルジュ」
今回の実証では、スマートフォンやICカードで個人を識別。
移動・追尾、音声認識、顔検出、写真撮影などの機能を搭載し、道案内や受付・写真撮影サービスなどができるようにRTミドルウエア(※3)で構成されたロボット。
スタンプラリーでのアンケート集計のほか、現在「写真撮って」と人が声をかけると“コンシェルジュ”が反応し、撮影人数を確認後、適切な撮影距離まで自律移動して「はいチーズ」のかけ声で写真を撮影、数秒後にプリントして渡すことができます。

■実験の概要
~スマホと連携、実用に近い環境での動作確認に成功~

2015年2月に複数のロボットからアンケート調査ができるシステムを開発し、東京都立産業技術研究センターで発表しました。今回、同年12月に開催された「2015国際ロボット展」において、展示会場内のさまざまな電波が飛び交う不安定な通信状況の実環境に近い条件で実証実験を行いました。

実験で使用したロボットは、研究会の各機関が独自に開発したものですが、共通の開発プラットフォーム(RTミドルウエア)を使用したため、今回の連携に成功したものです。将来的には、ソフトウエアを高度化することでさらに多くの間接情報取得や、センサーモジュールを増やし別の機能を付加するといった拡張性を持たせることができます。

「国際ロボット展2015」で行ったスタンプラリーでは、スマートフォンのアプリを使うことでアンケートに答えるとバーチャルスタンプが押され、3カ所のブースをどのルートで回ったか、どれ位の時間をかけたかなどの情報が外部のサーバーに送られ集計されるというデモシステムを、ロボット間の連携によって初めて実現しました。これらの結果はRSi(※4)の共通プロトコルRSNP(※5)により、インターネット経由でどこからでも確認できるようになっています。

今後は、複数のロボットからより詳細なデータを取得し分析ができるように研究開発を進め、人工知能も活用した総合案内サービスの実現を目指します。また、オリンピック・パラリンピックをターゲットに多数のアプリケーションの開発を進めていきます。

■参考資料
※1 「ベイエリアおもてなしロボット研究会」

概要:東京ベイエリア地区に拠点を持つ機関の研究会。地域の課題解決を目標にし、互いに連携を取りながら、オリンピック・パラリンピックも視野に入れ、ロボットの研究開発および新規市場の創出に向けて取り組んでいる。
参加メンバー:
・芝浦工業大学(機械機能工学科 松日楽信人 教授)
・産業技術大学院大学(産業技術研究科 成田雅彦 教授)
・首都大学東京
・東京都立産業技術研究センター(都産技研)
・産業技術総合研究所
・東京海洋大学
協力:ロボットサービスイニシアチブ(RSi)
今回の実証は芝浦工大、産技大、都産技研、RSiで実施したもの。

※2 サイネージロボット
ディスプレイやタブレットの顔を持つロボット。等身大のスタンドに搭載して公共の場にも設置できる。ソフトウエアで人などの顔を模した表情を持ち音声発話をする。また、顔のパターンは用途に応じて入れ替えられる。アンケート、案内、リアルタイムの会話やモニターなどのサービスを行うことができ、移動型のロボットに比べて低価格で提供できることも大きい特徴である。

サイネージロボット
https://www.atpress.ne.jp/releases/88027/img_88027_3.jpg

※3 RTミドルウエア
ロボット用ミドルウエア。ソフトウエアコンポーネントのインタフェースが規格化され、制御用ソフトウエアコンポーネントの再利用などによりロボットのシステム化が容易に実現できる。

※4 ロボットサービスイニシアチブ(RSi)
RSi( http://www.robotservices.org )は、ロボットによる通信ネットワークを活用した魅力あるサービス(ロボットサービス)を簡単かつ便利に利用できる社会を目指し、相互運用性のあるロボットサービスについて関連団体と協力・連携しながら仕様の作成・公開、実証実験、普及促進を行うことを目的に設立された団体である。

※5 RSNP
通信規格。サービスロボット開発用に公開されており、このパッケージを使って簡単にロボットのネットワーク化を実施することができる。

Betrachtung von akademischer Artikel Ghostwriterinternetseite für Schulanfängern

2016-01-27

Brauchen Sie zuverlässigen medizinische Kursarbeit Ass für dem Lektorat Ihrer Hausarbeit ganz von vorne.

Ausführliche medizinische Masterarbeit Fertigung Online-Schreibamt

DurchsichtFormatierung Ghostwriter Services als ein Site sind (さらに…)

Essay-capital.net in-depth review: superior crew to obtain any paper speedily & on schedule

2016-01-26

Do you find yourself worried regarding how to complete tough academical papers? essay-capital.net offers the best solutions that assist everyone get good scores.

Essay Writing Assistance

essay-capital.net is actually a brand that delivers (さらに…)

芝浦工大の学生が伝統工芸をリデザイン 食品収納箱「桐CUBE」が商品化 ~桐の町・埼玉県本庄の地域産業の活性化を目指す~

2016-01-26

芝浦工業大学(所在地:東京都江東区、学長:村上雅人)デザイン工学部デザイン工学科の学生が、明治33年(1900年)創業の関根桐材店(所在地:埼玉県本庄市、4代目主人:関根紀明)と共同で、国産桐の材質の特性と伝統ある細工の良さを生かした米びつとコーヒーキャニスターをデザインし、職人の手により商品化されました。

「桐CUBE」コーヒーキャニスター
「桐CUBE」コーヒーキャニスター

今回、産学連携により、伝統と技術力に学生のデザインを加えることで、日本の心を表現する伝統工芸を現代の生活にマッチさせ、新たな価値とライフスタイルを生み出すものづくりに取り組んだものです。伝統的産業の活性化を目的に、今後は国内だけではなく海外市場への展開も期待されます。

■国産桐の優れた特性と細工でおいしさを守る 米びつ・コーヒーキャニスター
【商品詳細】桐CUBE
○ 米びつ
5,000円~15,000円(税抜)※商品により異なる
https://www.atpress.ne.jp/releases/87795/img_87795_2.jpg

○ コーヒーキャニスター
3,000円(税抜)/3色共通 外寸11×11×11cm
https://www.atpress.ne.jp/releases/87795/img_87795_1.jpg

【販売先】
関根桐材店WEBサイト
http://www.sekinekiriya.com

■背景
日本人は古来から、美しい木肌で防湿性や防虫性に優れた性質を持つ桐を生活の中で使用してきました。隙間なく密閉する工作の技が光る桐箱は伝統工芸品として親しまれてきましたが、ライフスタイルの変化とともに需要が減少しています。さらに、現在国内で流通する多くの桐材は防腐剤や漂白剤などの薬剤を使用した輸入材となっています。
そこで、国産桐の良さを再提案し産業の活性化を図るため、関根桐材店から相談を受けたデザイン工学科プロダクトデザイン領域の増成和敏教授の指導の下、学生9人が現在の暮らしにマッチした新商品の開発に取り組みました。

■学生のアイデアと匠の技で、日本文化に根付いた桐を「普段使い」に
2015年5月から、桐の特徴や桐工芸の歴史などを学びながらアイデアをまとめ、8月にはデザインコンペティションを行いました。採用されたプロダクト案は、美しい木目を惹き立たせるミニマムなデザインに、全体を引き締める三角形のモチーフが特徴。職人による手作りの桐箱は密封性が高く、蓋の方向が違うと閉まらないため、重要な目印としての役割も付加しました。

関根桐材店と打ち合わせを重ね、新規性のあるデザインと伝統的な制作手法の調整を図り商品の形を決めました。11月には「ニッポン全国物産展2015」で試作品を出展し、「機能性とデザイン性を両立させた普遍的なデザインで、“感謝の気持ちを籠める箱”というコンセプトがギフトに最適」などの反響があり、12月に商品化が実現しました。

現在は関根桐材店にて受注販売を行っており、今後は百貨店など国内をはじめ海外でも新たな販路開拓につなげていく予定です。芝浦工業大学としても、引き続き地域産業や伝統産業と連携し、その活性化に寄与していきます。

日本の木の文化を継承するために 「誕生木」雑貨の商品開発をPRする産学協同プロジェクトを実施!

2016-01-25

兵庫県を中心に住宅の設計・施工を手がける住空間設計Labo(株式会社Labo、所在地:兵庫県明石市)は、クリエイティブ分野に特化し、即戦力人材を育成するスクール運営事業を行っているVantan(バンタン)(所在地:東京都渋谷区)とのコラボレーションにより、住空間設計Laboが木の文化をより多くの人に伝えるために発信している「誕生木(たんじょうもく)12の樹の物語(以下、誕生木)」において新たな雑貨の開発とPRを行うプロジェクトを実施致します。

誕生木のたまご
誕生木のたまご

※誕生木雑貨のイメージ“誕生木のたまご”
https://www.atpress.ne.jp/releases/87433/img_87433_1.jpg
※ウッドデザイン賞受賞
https://www.atpress.ne.jp/releases/87433/img_87433_2.jpg

「誕生木」は、誕生月毎に日本人になじみのある12の国産樹種を設定し、その木にまつわる物語を描いたもので、私たちはこの物語を通じて木の素晴らしさを広めています。赤ちゃんから大人まで全ての世代に対し、「誕生木」をおもちゃや雑貨、家具の製作から住まいの建材として暮らしの中に提案することで木に親しむきっかけをつくり、癒しをもたらし、豊かな心を育んでおります。そういった試みが評価されこの度、ウッドデザイン賞2015審査委員長賞(奨励賞)を受賞致しました。

本プロジェクトは、「誕生木」により木の素晴らしさを広め、日本の木の文化継承につなげたい住空間設計Laboと在学中に実際の社会課題と向き合い、“デザインのチカラ”で解決を目指すことで、即戦力人材の育成を実現したいと考えるバンタンとが共感することで実現致しました。

学生の自由な発想や感性によるデザインや企画を活かし、あらゆる世代に「誕生木」を広める提案は、2月に最終プレゼンテーションを行い、商品・PR企画の最優秀作品を決定。その後商品化し、専用のECサイトやショールームで販売する予定です。

※12月に実施した中間プレゼンテーションの様子
https://www.atpress.ne.jp/releases/87433/img_87433_3.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/87433/img_87433_4.jpg

【誕生木について】
昔から日本人に馴染みのある12の国産樹種を誕生月の木として設定しました。

1月:松(マツ)     神が降り立つ神聖な木
2月:胡桃(クルミ)   厳しい冬の寒さが大切
3月:檜(ヒノキ)    人生の晴れ舞台にふさわしい
4月:山桜(ヤマザクラ) 清楚な華やかさで春の訪れを告げる
5月:杉(スギ)     健やかな成長、立身出世の願い
6月:樟(クスノキ)   精霊が宿る木
7月:栃(トチ)     十も千も実や葉を多く付ける
8月:欅(ケヤキ)    京都・清水寺の舞台を支える
9月:朴(ホオ)     古くから食物との関係が深い
10月:栗(クリ)     日本人と古く長い付き合い
11月:銀杏(イチョウ)  人類の歴史より遥かに古い
12月:樅(モミ)     スピリチュアルな力がある

※「誕生木」の詳細: http://www.jk-labo.com/birthtree/index.html
「誕生木」を使用したアイテムの販売: http://tanjoumoku.com/

【Vantan(バンタン)】
1965年の創設以来、クリエイティブ分野に特化して人材の育成を行っている専門スクール。
現役のプロクリエイターを講師に迎え、ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画映像、フォト、ゲーム、アニメ、マンガ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどの分野において、業界と連携した「実践教育」で即戦力となる人材を育成する教育事業を展開、これまでに19万人以上の卒業生を輩出しています。

※バンタンコーポレートホームページ: http://vantan.jp/
バンタンスクール一覧ホームページ: http://vantan.jp/school/
バンタンデザイン研究所キャリアカレッジホームページ: http://www.vantan-career.com/

【住空間設計Labo(株式会社Labo)】
住空間設計Laboは兵庫県の播磨・阪神間地域を中心に、年間400棟を超える木造にこだわった注文住宅の設計及び施工を行っている家づくりのプロ集団です。
一邸一邸じっくりと、お客様のこだわりに向き合い、愛着を持って永く住まえる「一生もの」の住まいをご提案しています。

88歳のおばあちゃんがいいねを連発!?!?日本一図々しいおばあちゃんがご当地の名産品を食レポ!

2016-01-19

株式会社ごちぽん(所在地:東京都新宿区、代表取締役:渡邉 真)は、日本全国を旅しながら各地の名所や名産品をコレクションしていく、登録者数170万人を超える完全無料スマホアプリ『まちおこしすごろくゲーム ごちぽん』において、ご当地の名産品を食べてレポートしていただく、“1週間タダ飯を食べてお金が貰える「日本一図々しい人」”の募集を実施。1000人以上の応募者の中から88歳の三重県在住女性が当選し、1週間の食事レポートを実施しました。

<日本一図々しい人こと田中さん(88歳)>
http://www.atpress.ne.jp/releases/87743/img_87743_1.png

日本一図々しい人こと田中さん(88歳)
日本一図々しい人こと田中さん(88歳)

食への探究心が強い88歳のおばあちゃんがご当地の名産品をバッサリ切る?!
完全無料スマホアプリ『まちおこしすごろくゲーム ごちぽん』は、すごろくで日本全国を旅しながら各地の名所や名産品をコレクションし、抽選で実際の商品がユーザーのもとに届くいう、地域おこしのあり方を変える全く新しい形のメディアです。
わたしたちの社名でもある「ごちぽん」の由来は、『ご当地にっぽん』。ごちぽんでは、「ゲームを通じて、知らなかった地域を知り、好きになってもらう」という大義を掲げ、『まちおこしすごろくゲーム ごちぽん』を運営しております。現在ごちぽんのユーザーは170万人以上。多くの方々に地域の隠れた魅力を発信しています。ですがもっともっとたくさんの方にご当地の魅力を知っていただきたい!ごちぽんユーザー以外の方々にも地域の魅力を知ってもらいたい!という思いから、昨年末、ごちぽんで紹介されているご当地の逸品の数々を1週間毎日食べていただき、後日その感想や魅力に感じた点をレポートとして提出すると、1日につき1万円、1週間のチャレンジで合計7万円貰えるという超太っ腹企画を実施いたしました。
1000人以上の応募者の中から、選ばれたのは三重県在住の88歳の女性、田中さん。応募者の中で最高齢、昭和2年生まれのおばあちゃんです。「年よりですが美味しいものが大好き」という意気込みとともにご応募いただきました。7万円の使い道は「 大好きな横浜鎌倉の鳩サブレと半月の煎餅、聘珍樓のシュウマイを購入します。あと、ひよこと東京バナナも購入します。」と、その食欲旺盛さに驚きます。食レポ終了後は「美味しく食べさせていただいて体重が1キロ~2キロふとったようです。日本にはいろんな名物があることがわかりました。たのしかったです。」と大満足だった模様です。歯に衣着せぬ感想と「いいね」連発のレポートをぜひご覧ください!

■株式会社紀州熊野の命水 「「紀州熊野」の命水」
http://www.atpress.ne.jp/releases/87743/img_87743_2.png
商品内容:「紀州熊野」の命水10L入り×2個
商品説明:世界遺産の地に息づく命を育む清麗の湧水。深層の水脈から湧き出す上質ミネラルが豊富な弱アルカリ性軟水。カラダにやさしく美味しい命水です。
リンク先:http://www.kumano-meisui.jp/

<田中さん感想>
「紀州熊野の命水」はさわやかな印象を与えてくれるパッケージでした。軟水なので味がまろやかで飲みやすかったです。それだけでなく匂いもなめらかで、購入したくなるお水でした。いいね!コーヒーや食事にも使用したいとおもいます。

■味のちぬや「むかしのコロッケ」
http://www.atpress.ne.jp/releases/87743/img_87743_3.png
商品内容:60g×100個
商品説明:味のちぬやの看板商品。しっかりと下味を付けた国産鶏肉が入った、むかしなつかしい味付けのコロッケです。
リンク先:http://chinuya.com/shop/

<田中さん感想>
昔ながらの見た目が馴染み深かったです。なんとなくカレーの薄味のような心地よいかおりがいいですね。油で揚げて食べましたが、カラッとしていて美味しい。私の揚げ方もうまいので、更に美味しく食べました(笑)。あまりにも美味しいので、近所人にもおすそ分けしてしまいました。

各地の“道の駅”で全国の名産品や会場限定フードメニューを提供  「商工会地域交流マルシェ」1月22日~全国8か所で順次開催!

2016-01-18

全国商工会連合会(所在地:東京都千代田区、会長:石澤 義文)は、全国8か所の道の駅・商店街をめぐる物販イベント「商工会地域交流マルシェ」(以下 本イベント)を、2016年1月22日(金)~3月13日(日)の期間中、毎週末開催いたします。

販売商品一例
販売商品一例

公式Facebookページ: https://www.facebook.com/localTOlocal/

本イベントでは、全国各地から集められた特産品の販売や実演販売を行います。その地方でしか味わうことのできない、買うことのできない商品を集めた、地域と地域を結ぶ移動式物販イベントです。
販売商品は、全国展開支援事業で開発された商品を中心に、1会場あたり約300アイテムを取り扱います。また地域間交流を目的として、交流先地域の名産品を使用した会場限定オリジナルメニューや、人気商品などを揃え、買い物だけでなく食事も楽しめるイベントとなっています。

■開催概要
イベント名:商工会地域交流マルシェ
開催期間 :2016年1月22日(金)~3月13日(日)の毎週末
開催時間 :各会場により異なる

(1) 愛知県
期間 :2016年1月22日(金)~1月24日(日)
会場名:田原めっくんはうす
所在地:愛知県田原市東赤石5-74

(2) 栃木県
期間 :2016年1月29日(金)~1月31日(日)
会場名:道の駅もてぎ
所在地:栃木県芳賀郡茂木町大字茂木1090-1

(3) 京都府
期間 :2016年2月5日(金)~2月7日(日)
会場名:道の駅丹波マーケス
所在地:京都府船井郡京丹波町須知色紙田3-5

(4) 山口県
期間 :2016年2月12日(金)~2月14日(日)
会場名:道の駅きららあじす
所在地:山口県山口市阿知須509-88

(5) 香川県
期間 :2016年2月19日(金)~2月21日(日)
会場名:高松丸亀町商店街
所在地:香川県高松市丸亀13-2

(6) 福岡県
期間 :2016年2月26日(金)~2月28日(日)
会場名:みやこ町豊津物産直売所 国府の郷
所在地:福岡県京都郡みやこ町国作464-1

(7) 沖縄県
期間 :2016年3月4日(金)~3月6日(日)
会場名:道の駅「豊崎」
所在地:沖縄県豊見城市字豊崎3-39

(8) 福島県
期間 :2016年3月11日(金)~3月13日(日)
会場名:道の駅よつくら港
所在地:福島県いわき市四倉町5-218-1

■イベント内容
<日本全国の特産品販売>
加工食品、レトルト食品、調味料、菓子、飲料など、全国展開支援事業で開発された商品を中心に、全国の特産品約300アイテムを販売します。

<交流先の限定グルメを提供>
会場ごとに、交流先の美味しい食材を使用した会場限定グルメをご提供します。

■提供メニュー例
愛知県会場(2016年1月22日(金)~1月24日(日)開催)では、交流先である栃木県の名産品・とちおとめと、会場となる田原市の洋菓子店がコラボレーションしたオリジナルメニュー「いちごオムレット」をはじめ、「宇都宮餃子食べ比べセット」などを提供いたします。
また愛知県の交流先となる栃木会場(2016年1月29日(金)~1月31日(日)開催)では、愛知県名産の赤味噌を使用した「味噌カツ」を提供します。

※記載情報は、発表日現在のものです。予告なしに変更することがありますが、あらかじめご了承ください。

■全国商工会連合会 概要
名称 : 全国商工会連合会
代表者: 会長 石澤 義文
担当 : 黒須・堀内
所在地: 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館19階
URL  : http://www.shokokai.or.jp/

Essayswriter.net in-depth review: superior service to obtain academic assignments readily and duly

2016-01-16

Are you feeling stressed about how to accomplish hard academia writing pieces? essayswriter.net provides you individual remedies which help you gain top scores.

Paper Writing Assistance

essayswriter.net is actually a firm offering finest (さらに…)

佐賀県が新感覚の観光PR動画を公開!  渋谷・スクランブル交差点&JTB首都圏店舗、YouTubeで1月15日から放映

2016-01-15

株式会社JTBコミュニケーションズ九州(所在地:福岡県福岡市、代表取締役社長:甲原 和幸)は、有明佐賀空港活性化推進協議会(佐賀県空港課内)が佐賀空港の「九州佐賀国際空港」への愛称変更を記念して実施する「佐賀でわがままキャンペーン」に先駆け、リアルな「佐賀旅」体験の様子がのぞける新感覚PR動画を1月15日(金)から、渋谷のスクランブル交差点やJTB首都圏店舗にて放映します。

動画(ダイジェスト)URL
https://www.youtube.com/watch?v=7KRZM5Sutww
https://www.youtube.com/watch?v=544SfoBfpJ4

キャンペーンURL
http://www.sagatora.com/

■新感覚PR動画について
GoPro(※)(ヘルメットカメラ)を使った新感覚の佐賀旅PR動画。GoProを着用して佐賀を旅したリアルな様子をPR動画にし、直に佐賀の魅力に触れる女性たちの素の表情をご覧いただけます。
チラリと目にして気になった方はWEBサイトで「佐賀県らしさ」を感じていただける動画を“サガトラシアター”と銘打ち複数展開していますので、PR動画と併せてお楽しみいただけます。

※GoPro
本来、探検での撮影向けのヘルメットカメラで、プロからアマチュアに至るまで幅広く使われています。日本では特にバラエティ番組にてタレントのリアクション映像としてよく使用されています。

・「表情」に特化したPR動画
全国的にもGoProを活用してのPR動画は新しい試みで、「表情」に特化した映像をお楽しみいただけるのが大きな特徴です。
通常、観光PR動画は各観光地の風景や特産品の実物を撮影するものが多い中、あえてそれ自身を映さずに、体験する女性の表情にスポットを当てて作成しています。
出演している女性も一般の方で、正真正銘「素の表情」を撮影しており、いかに佐賀県の持つ観光資源が魅力的で楽しいものであるかをお分かりいただける動画になっています。
女性の表情から「どこで何をしているのか?」という疑問を持っていただくところがこの動画のポイントです。
その答えとなるメイキング動画を特設サイト「サガトラ」内に“サガトラシアター”と銘打ち、展開していきます。

・撮影箇所
佐賀県の有名な観光地からマイナーな名所まで幅広く撮影。
「全国都道府県別 魅力度ランキング 2015」で46位となった佐賀県ですが、魅力はたくさんあります。

呼子朝市(唐津市)・七ツ釜遊覧船 イカ丸(唐津市)・吉野ヶ里遺跡(神崎市)・佐賀の珍味・佐賀の日本酒・有田ポーセリングパーク(有田町)・佐賀県立宇宙科学館(武雄市)・佐賀のエッフェル塔(神崎市)・元祖忍者村 嬉野温泉 肥前夢街道(嬉野市)・三重津海軍所跡(佐賀市)・三重津海軍ドック(佐賀市)・祐徳稲荷神社(鹿島市)・佐賀の温泉・陶芸体験・天山リゾート(佐賀市)・足湯BARクロニクルテラス(嬉野市)

■PR動画の放映
(1) 渋谷スクランブル交差点 1月15日(金)~21(木)
(2) JTB首都圏11店舗 1月15日(金)~2月29日(月)
(JTB首都圏トラベルゲート(新宿、吉祥寺、有楽町、池袋、上野、立川、千葉、イオンモール幕張新都心、大宮、横浜)店、JTB首都圏 渋谷店 計11店舗)
(3)特設WEBサイト「サガトラ」 1月15日(金)~
(4)YouTube 1月15日(金)~

■特設サイト【サガトラ】
http://www.sagatora.com/ (※1月15日(金)オープン)
佐賀の観光情報や空港の便利な使い方、マニアックな店舗情報まで網羅した新しい観光情報サイトです。佐賀の素敵な時間をサポートいたします。

■「佐賀でわがままキャンペーン」について
佐賀空港の愛称を「九州佐賀国際空港」に変更することを記念して、1月15日(金)より「佐賀でわがままキャンペーン」を実施します。特賞3組様に「佐賀わがまま旅(オーダーメイド旅)」を、18周年にちなんで18組様へ「羽田または成田-佐賀」のペア往復航空券をプレゼントします。また、渋谷のスクランブル交差点の大型4面ビジョンでは1月15日(金)~21(木)の1週間、リアルな「佐賀旅」体験の様子がチラリとのぞける新感覚PR動画を放映します。

・キャンペーン詳細については下記URLでご確認いただけます。
(1) 佐賀わがまま旅(3組様)or航空券(18組様)プレゼント
(2) エースJTB「キラリ☆佐賀す旅」ご利用者限定!佐賀牛プレゼント

キャンペーンページURL(特設サイト「サガトラ」内): http://sagamama.com/

■会社概要
商号  : 株式会社JTBコミュニケーションズ九州
代表者 : 代表取締役社長 甲原 和幸
所在地 : 〒810-0072 福岡市中央区長浜1丁目1番35号 新KBCビル1階
設立  : 1990(平成2)年4月2日
※1963年設立の株式会社日本交通事業社九州支店から
株式会社ケイジェイ企画として分離独立
資本金 : 3,000万円
事業内容: 広告総合プロデュース業
URL   : http://www.trip.co.jp/

« Older Entries

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.