2014年6月

被災地の取組みの現状とニーズについて現場の生の声を発信  7月23日東京都墨田区にて「東松島市 東京報告会」を開催

2014-06-30

一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)(所在地:宮城県東松島市、代表理事:大滝 精一)は、宮城県東松島市役所(市長:阿部 秀保)と共催で、「被災地復興のリアルな現状と現場のニーズ」発信の場として、「東松島市 東京報告会」を、2014年7月23日、アサヒグループ本社ビルにて開催いたします。

「東松島市 東京報告会」
http://hm-hope.org/post-669/


◆背景
震災から丸三年が経過し、被災地では防災集団移転先への転居が始まりました。
これにより、仮設住宅に住む市民が復興を実感し、形としての復興が目に見えはじめています。
一方で「丸三年」を一区切りとして、被災地からリソースを引き上げようとする在京企業の動きも明らかに加速化しています。そんな被災地とその他のエリアとの「温度差」は益々大きくなるばかりです。
今、被災地が抱える数々の社会的課題・・・少子化、高齢化、人口減少による経済の停滞は、我が国における普遍的な課題であり、10年先の日本全国、いや、先進各国全てにおいての共通の課題であるといえます。
私たち、被災地の現場で活動する組織には、多くの企業様から「復興のリアルな現状が知りたい。」「報道されない被災地の本当のニーズを知りたい。」という声が日々多数寄せられておりますが、なかなか効率的な情報共有ができず、今日に至っております。
そこで、私たち一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)では、上記のニーズにお応えすべく、首題の通り「東松島市 東京報告会」の開催を決定いたしました。


◆日時及び場所
日時    :2014年7月23日(水)
       17:00~20:00 懇親会含
場所    :アサヒグループ本社ビル3階会議室
       (東京都墨田区吾妻橋1-23-1)
参加費   :お一人1,000円(当日受付にて申し受けます)
参加お申込み:事前予約制(定員150名)
主催    :一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)
共催    :東松島市


◆当日のプログラム
16:30~17:00 受付
17:00~17:10 東松島市長 阿部 秀保 挨拶
17:10~17:20 一般社団法人東松島みらいとし機構 代表理事
       大滝 精一 挨拶 (東北大学大学院経済学研究科教授)
17:20~17:30 HOPE事務局「HOPEの概要と活動について」
17:30~17:40 東松島市復興政策部復興政策課課長 高橋 宗也
       「環境未来都市計画の進捗について」
17:40~18:20 4団体プレゼンテーション
       テーマ「東松島市での活動について」
       1)一般社団法人東松島市復興協議会
        木村 正樹氏
       2)一般社団法人美馬森(みまもり)Japan
        八丸 健氏
       3)東松島市観光物産協会企画専門部会
        太田 将司氏
       4)医療法人社団KNI北原ライフサポートクリニック東松島
        浜崎 千賀氏
18:20~18:30 休憩
18:30~18:40 宮城復興局「宮城県復興の現状について」
18:40~19:10 パネルディスカッション
       テーマ「被災地におけるCSR~その現状と課題~」
19:10~19:20 質疑応答
19:30~20:00 懇親会


◆パネルディスカッション登壇者
瀧田 希氏  株式会社Tポイント・ジャパン DBマーケティング事業本部
       アライアンスコンサルティング企画部
       コンサルティング企画 宣伝販促チーム チームリーダー
茂木 崇史氏 株式会社BOLBOP 代表取締役CHO
岡本 敬史氏 一般社団法人 RCF復興支援チーム ディレクター
       慶応義塾大学グローバルセキュリティ研究所
       復興リーダー会議委員
佐田 朋彦氏 アサヒグループホールディングス株式会社 CSR部門
       ゼネラルマネジャー


◆参加お申込み方法
一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)のWEBサイト( http://hm-hope.org )の「ニュース!」欄に掲載の申込みフォームにご記入いただき、FAXにて事前に事務局までお申込みください。

ゆるくない、「ご当地怪獣」現る  火焔土器怪獣「ドキラ」が魚沼観光の新しいキャラクターに

2014-06-26

株式会社第一通信社(東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 徹哉)は、自社で企画制作するキャラクターコンテンツ「ご当地怪獣」が、新潟県魚沼市観光協会(会長:三友 泰彦)の新しいキャラクターアイコンとして採用されたことを発表します。

ご当地怪獣公式サイト http://gotouchikaiju.com

ご当地怪獣
http://www.atpress.ne.jp/releases/47729/img_47729_1.jpg
火焔土器怪獣ドキラ
http://www.atpress.ne.jp/releases/47729/img_47729_2.jpg


■ご当地怪獣について
「ご当地怪獣」は、「子供を元気に!おとなも元気に!地域も元気に!」そして「日本を元気に!」を旗印に、これまでのご当地キャラクターとは一線を画した「新しい」キャラクターアイコンとして、商品化、映像化を今後展開していきます。


■キャラクターの開発について
キャラクターの設計には、フィギュア造形師の寒河江 弘(さがえ ひろし)(※1)と脚本家の村井 さだゆき(※2)が参画。地域の力強さ、すなわち土地や人や産業といったリソースが持つ底力を示す存在として怪獣をとらえ、その地域の活力を象徴するに相応しい姿とバックストーリーを背負った「ご当地怪獣」を創出していきます。


■ドキラについて
今回採用されたのは、火焔土器をモチーフにした怪獣キャラクター「ドキラ」。信濃川流域全体の力強さを象徴する存在として、火焔土器をモチーフにしたものを、という地元関係者の熱い思いに応えて制作し、無償で提供したものとなっています。


■今後の地域振興支援の展開について
今回のドキラのように地域の要望に応じて新しい怪獣キャラクターの制作・提供も積極的に展開、併せて、スマートフォン用すごろくゲーム「ごちぽん(※3)」を展開する株式会社ごちぽん(東京都新宿区、代表取締役:渡邉 真)や、株式会社キャラアニ(東京都千代田区、代表取締役社長:田村 明史)といったグッズ製造メーカー等と連携して地域振興ニーズに応えたサービスを積極的に提供していきます。


※1 寒河江 弘プロフィール
特撮美術・特殊造形/フィギュア作家。大阪府出身。大阪芸術大学短期大学部 客員教授。
大阪芸術大学で彫塑を専攻、卒業後、各社のフィギュア原型を手がけ、テレビ東京TVチャンピオン・フィギュア王選手権にて優勝するなどキャリアを積む一方、多数の映画に美術・造型スタッフとして参加する。平成ガメラ、戦隊、平成ウルトラ等での特撮美術スタッフを経て、1999年「救急戦隊ゴーゴーV」特撮美術デザイナーデビュー。以後「アナザへヴン」、「さくや 妖怪伝」で特撮美術デザイナー、「阿修羅城の瞳」でミニチュアスーパーバイザーを務める。

※2 村井 さだゆきプロフィール
脚本家。奈良県出身。1993年「飛べないオトメの授業中」で第6回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞。1994年フジテレビの深夜ドラマ「ハートにS」で、5分弱のミニドラマの連鎖の関連性がエンディングで明かされるという斬新な手法を開発。その後、今敏監督「パーフェクトブルー」「千年女優」や大友 克洋監督「スチームボーイ」「蟲師」などの映画脚本を担当。TVでは「帰ってきたOL三人旅」シリーズのような二時間ドラマのほか、「エコエコアザラク」などの深夜ドラマ、「宇宙戦艦ヤマト2199」など多数のアニメ作品に参加。実写、アニメを問わず幅広い分野で活動中である。

※3 ごちぽんについて
「ごちぽん」はにっぽんのご当地をすごろくで巡りながら、各地の名産アイテムである「ごちコレ」や、各地のキャラクターをコレクションしていくスマートフォン用ゲーム。ごちコレの中にはプレゼントに応募できるものもあり、ゲーム集めた日本各地の名品を、実際に味わったり体験したりすることができる。リアルとゲームを結びつけたエンターテイメントの提供に向けて、自治体や企業との連携を今後も推進していく予定。 http://gochipon.co.jp/


【株式会社第一通信社】
代表   : 代表取締役社長 大塚 徹哉
所在地  : 東京都千代田区神田神保町2-7-3 神保町NKビル
設立年月日: 1954年2月24日
事業内容 : 総合広告代理業
URL    : http://www.ittsu.ne.jp/

日本百景を望む釣り桟橋を持つ能登の旅館「百楽荘」、地元の保育園児を招き ヒラメの稚魚5,000匹の放流イベントを6月26日開催

2014-06-19

石川県・能登半島にて旅館業を営む「百楽荘」(株式会社百楽荘、代表取締役:萩原 聡彦、所在地:石川県鳳珠郡能登町)は、地元の保育園児を招き、2014年6月26日(木)にヒラメの稚魚の放流イベントを行います。

<釣り桟橋の風景>
http://www.atpress.ne.jp/releases/47685/img_47685_1.jpg


■イベント概要
日時:6月26日(木)11:00~
場所:百楽荘 釣り桟橋

 会場は、北陸唯一の日本百景の海岸「九十九湾」に浮かぶ、宿泊客用の釣り桟橋です。この釣り桟橋に地元・能登町立 高倉保育所の園児を招き、約5,000匹のヒラメの稚魚の放流イベントを行います。
 白身魚はあまり遠くへは行かず、一生をその近くで過ごすという習性を持ちます。今回放流するヒラメも、約3年をかけて成長し、この桟橋付近に戻ってきて、釣り客を大いに楽しませてくれることが期待できます。

【百楽荘の釣り情報は、こちらに掲載しております】
http://www.100raku.com/blog/awards/


■四季おりおりの魚たちが泳ぐ「天然の生け簀」
 日本百景・九十九湾は、ヒラメやアジ、スズキ、黒鯛、真鯛、アオリイカなど、四季おりおりの魚が狙える、いわば「天然の生け簀」です。秋には、カワハギが網ですくえてしまうほどです。
 百楽荘は、ここに宿泊客専用の釣り桟橋を設け、思い思いの休日をお過ごしいただいています。九十九湾はまったく波が立たないことから、初心者やご家族連れでも気軽に釣りが楽しめます。


■九十九湾をもっと豊かにしたい
 この釣り桟橋は、よく釣れるスポットとして、長年人気を博してきました。しかし最近は、やや釣れ高に乏しい年が出てきました。これは、地球温暖化に伴う水温の変化など、さまざまな原因が考えられます。
 百楽荘は、九十九湾の海の幸の恩恵にあずかっているため、ただ「獲る」だけではなく、九十九湾をより豊かにすることに貢献していきたいと考えております。
 今回の稚魚放流イベントは、このような思いで開催いたします。今後も定期的に開催していきたいと考えており、次回は今秋、5,000匹の黒鯛の稚魚を放流する予定です。

<九十九湾の風景>
http://www.atpress.ne.jp/releases/47685/img_47685_2.jpg

<百楽荘の外観>
http://www.atpress.ne.jp/releases/47685/img_47685_3.jpg


■今後の展開
 百楽荘は2015年4月の北陸新幹線開通を契機に関東圏のお客様に向け、また2020年の東京五輪開催を契機に外国人観光客の方に向け、能登の魅力を強力に発信していきます。
 その際、当館ならではのサービスの磨き上げと訴求により、「エージェント(旅行代理店)に頼らない旅館経営の姿」を実現します。
 また、そのモデルをもとにM&Aを推進し、多店舗展開を行います。具体的には、今後5年間で3館の運営、年商12億円を目標とし、地域の雇用と活性化に貢献してまいります。

■会社概要
商号  : 株式会社百楽荘
代表者 : 代表取締役 萩原 聡彦
所在地 : 〒927-0552 石川県鳳珠郡能登町越坂11-34

事業内容: 旅館の運営
URL   : http://www.100raku.com/ (「百楽荘」で検索)

集まれば地域が元気になる、「○○会しよう!」サイトがグランドオープン! 無償で全国の地域食材や商品等で“あつまるキッカケ”を提供

2014-06-17

「◯◯会しよう!」( http://maru-kai.com )を運営する株式会社イオレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 直人、 http://www.eole.co.jp/ 、以下 イオレ)は、「らくらく連絡網」(※)会員をはじめ、団体活動をしているすべての人を対象に、応募当選方式によって、プレゼントを無償提供していきます。

※登録約650万人、団体登録約37万団体。日本全国の大学生の約40%が利用


大学生のゼミやサークル、社会人野球チーム、父母会など、さまざまな団体に、普段の活動とはひと味違った新しい“あつまるキッカケ”を提供し、それらを使った楽しみ方(=〇〇会)を提案します。これにより地域の生産者やメーカーとユーザーを結びつけ、地域のファンを増やし、地域を元気にしていきます。


【サイトグランドオープン時のラインナップ】
応募開始:2014年6月16日

●とうもろこしBBQ会しよう!
商品提供元:株式会社大地を守る会
商品名  :甘みはじける!ジューシーとうもろこし 20本セット
みんな大好きな「とうもろこし」。でも、BBQの主役と言えば「お肉」になりがちで、いつも「とうもろこし」は脇役。今回は、そんな脇役の「とうもろこし」が主役の「とうもろこしBBQ」をしませんか?甘みが自慢の穫れたての「とうもろこし」をみんなで丸ごと1本食べれば、笑顔になること間違いなし!

●大好評!スイカ会しよう!第2弾
商品提供元:鳥取県 大栄西瓜協議会
商品名  :大栄西瓜 2玉
プレオープンで大好評だったスイカ会。今回は鳥取の「大栄西瓜」。練習後にキンキンに冷やして食べる?それとも西瓜フルーツポンチを作る?糖度も高いため非常に甘く、シャリ感たっぷりな西瓜で楽しいスイカ会を計画してみませんか?


●コロッケパーティーしよう!
商品提供元:サンマルコ食品株式会社
日本コロッケ協会( http://www.croquette.jp )が推薦するサンマルコ食品の冷凍コロッケ。なんといっても、サンマルコ食品のコロッケが人気の秘訣は「素材へのこだわり」。主原料となるジャガイモの大半が羊蹄山麓でとれる「男爵いも」。そんな素材で作られたコロッケは絶品!雨で遊びに行けない時は楽しくお家でコロッケパーティーしよう。


【団体活動を支援する、日本最大級の連絡網サービス「らくらく連絡網」について】
■アクセスデータ
団体数    :約37万団体
会員数    :約650万人
月間PV数   :約6,500万PV
月間メール数通:約4,000万通

■ポイント
日本全国の大学生の40.47%が利用

■団体別会員数
・スポーツ系団体が約9万団体
 野球19,000団体、サッカー(フットサル)18,000団体をはじめとして、
 バスケ、バレー、ラグビーなど、スポーツ系団体の利用は175万人以上
・趣味系団体が約7万団体
 音楽、ダンス、演劇などの文科系サークルや趣味の集まりの利用は
 120万人以上
・多彩な団体利用
 上記以外もPTAや学校関連の利用や消防団などの
 公共・ボランティア団体での利用も多数


■アプリで団体活動をさらに便利に!
2014年3月iOS版、Android版アプリをリリース
アプリダウンロード数25万を突破

iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/rakuraku-lian-luo-wang/id818376041
Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ra9


【株式会社イオレ 会社概要】
日本全国の部活動やサークル、PTAなど37万団体・650万会員が利用するPC・携帯電話・スマートフォン向けグループコミュニケーションサービス『らくらく連絡網』を提供。団体活動支援を中心にさまざまな生活者支援サービスの提供を行っています。

社名  : 株式会社イオレ
本社  : 〒108-0074 東京都港区高輪3-5-23 KDX高輪台ビル 9F
URL   : http://www.eole.co.jp

全国初の「どやキャラ」 九州No.1人気ご当地キャラ「イーサキング」 6月29日に地元、鹿児島で出張コンシェルジュキャンペーン  D&S列車「特急 はやとの風」に乗ってお客様宅へ靴をお届け!

2014-06-16

送料・30日間返品無料、「買ってから選ぶ。」靴とファッションの通販サイト、ロコンドを運営する株式会社ロコンド(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:田中 裕輔、URL:http://www.locondo.jp 、以下「ロコンド」)は、2014年6月29日(日)に鹿児島県伊佐市公認キャラクター「イーサキング」を起用したプロモーション『鹿児島市のお客様へ靴をお届け!イーサキング 出張コンシェルジュ@鹿児島』を実施いたします。

鹿児島県伊佐市公認ゆるキャラである「イーサキング」が、地域活性のため伊佐市から最寄りの吉松駅から『特急 はやとの風(以下、「はやとの風」)』に乗り、配達員に代わって鹿児島市内のお客様のご自宅までご注文商品をお届けする出張キャンペーンです。「イーサキング」は、「はやとの風」1号(吉松駅11:24発、鹿児島中央駅12:49着)に乗車し、終着駅となる鹿児島中央駅へ向かいます。13時台には鹿児島中央駅構内を歩く「イーサキング」に遭遇できるチャンスもあり、記念撮影などにもご対応いたします。
九州旅客鉄道株式会社(以下、JR九州)が取り組みを開始した『デザイン&ストーリー列車(地域に合わせたデザインやストーリーを持たせた観光列車のこと 以下、D&S列車)』のひとつ「はやとの風」は、鹿児島県内を南北につなぐ列車で、「吉松駅」(姶良郡湧水町)から「鹿児島中央駅」(鹿児島市)間を1日2往復運転しています。

【『鹿児島市のお客様へ靴をお届け!イーサキング 出張コンシェルジュ@鹿児島』キャンペーンについて】
「イーサキング」がお客様のご自宅までご注文商品をお届けいたします。
■販売期間:
2014年6月13日(金) 14:00~6月22日(日) 14:00までの10日間
■出張サービス地域:鹿児島県鹿児島市内
■価格      :13,000円(税込)
■サービス制限  :1名様限り(※先着順)
■ご注文方法・流れ:
(1) ロコンドサイト内ページよりキャンペーンにお申込みいただきます。
(2) 「イーサキング」がお客様お好みの靴とご希望予算をメールにてヒアリングさせていただきます。
(3) 「イーサキング」とコンシェルジュで数足お見繕いし、当日ご自宅まで「イーサキング」がお品物をお届けします。
(4) お持ちした中からお気に入りの1足を「イーサキング」がお客様と一緒にお選びします。
※ご訪問中に、「イーサキング」と一緒に記念撮影を撮ることも可能です。
『鹿児島市のお客様へ靴をお届け!イーサキング 出張コンシェルジュ@鹿児島』キャンペーンURL
http://www.locondo.jp/shop/commodity/SLCD0247D/LO759BW10002?xadid=pr
(※2014年6月13日(金) 14:00以降からご注文いただける状態になります)


【ご注文の条件】
・鹿児島県鹿児島市内にお住まいの方
・2014年6月29日(日) 14時以降にご自宅へお届け可能な方
・撮影・メディア露出にご抵抗のない方(テレビなどの撮影が同行する可能性があるため)

【注意事項】
・お客様のご希望予算に見合った、お好みの靴4~5足を見繕ってお持ちいたします。
・お選びいただいた靴のお値段と価格(13,000円)が異なる場合は、差異分をご返金・ご請求させていただきます。
・「イーサキング」の出張料はいただきません。
・ご注文状況によって、予告なく内容の変更・終了させていただく場合がございます。


【「イーサキング」について】
ふるさとを自慢する全国初の「どやキャラ」として2013年に鹿児島県伊佐市の公認キャラクターとなり、現在TV新聞雑誌出演や様々なイベントで、鹿児島県伊佐市を全国にPRしています。2013年の全国ご当地キャラ総選挙(日本百貨店協会主催)では、九州地区第1位、全国第4位となりました。
株式会社 Quantizeの運営する伊佐市出身で福岡を拠点に活躍するファッションブランド「Quantize(クォンタイズ)」がキャラクターデザインを担当されています。

名前 :イーサキング
性別 :よかにせ(よかにせ:鹿児島弁で美男子のことを指す)
体重 :伊佐米2俵分
誕生日:2013年1月3日
特技 :ドヤ顔じゃんけん
職業 :伊佐のPRの王様
特徴 :自慢気などや顔


[公式アカウント]
Twitter:@isaking2013
Facebookファンページ:
https://www.facebook.com/isaking2013officialpage?fref=ts

ロコンド コンシェルジュ
http://www.locondo.jp/shop/contents/concierge


【関連URL】
イーサキング事務局(伊佐みりょく研究所)
http://www.iisaking.jp/

株式会社 Quantize
http://www.quantize-dressline.com/

九州旅客鉄道株式会社
http://www.jrkyushu.co.jp/


【LOCONDO.jpについて】
「買ってから選ぶ。」靴とファッションの通販サイトです。
送料・30日間返品無料、コンシェルジュ、翌日お届けなどの最高のおもてなしを通じて、『地元(=ロコ)でくつろぐひとときのような「ほっこり」体験を、全国のお客様(=~ンド)へ、チーム・ロコンド(=~ンド)一丸となって提供する』という想いのもと、日本一の「ほっこり」通販サイトになることを目指しています。
詳細につきましてはウェブサイト http://www.locondo.jp をご覧下さい。

 

北海道・“世界最大の油彩画”の美術館で地産地消の『ランチ』がスタート!

2014-06-11

ひとりの画家がキャンバスに描いた作品としては世界最大といわれる、たて9m × よこ27mの油彩画を展示する「太陽の森 ディマシオ美術館」(北海道新冠町)は、北海道の幸を振る舞う、地産地消の『ランチ』を開始いたしました。
http://www.dimaccio-museum.jp


■“元小学校”の美術館で味わう、北海道の味
“世界最大の油彩画”が有名なディマシオ美術館ですが、小学校の廃校舎を改築し、オープンした『再生型美術館』としても知られています。
5月からスタートしたレストラン営業ではその、ノスタルジックでレトロな内装に囲まれて、優雅な食事を楽しむことができます。
人気メニューは、北海道・新冠町の新鮮野菜をふんだんに使った「野菜たっぷりカレーライス」。カレーのルーのお肉には北海道・日高牛を使用し、新鮮なサラダの他、海藻ざるそば、手づくりのカレーパンやデザートも用意しています。
ランチが振る舞われるレストランスペースは、以前は職員室・校長室として使用されていました。また、ランチ以外の時間に解放されるカフェスペースは、小学校時代にも給食スペースとして多くの児童で賑わっていました。上方には豪華なシャンデリア、食卓を囲むようにアンティーク調の家具が配置されています。
美術館がたたえる幻想的な雰囲気が端々に感じられる空間で食べる地元の幸は、年々増加する来館者の憩いの時間を創出しています。

「野菜たっぷりカレーライス」
http://www.atpress.ne.jp/releases/46526/img_46526_4.jpg

<メニュー>
野菜たっぷりカレーライス:1,000円(Sサイズ 700円)
海藻ざるそば:800円
新鮮野菜たっぷりサラダ:600円
カレーパン:200円
デザート(ホロシリ牛乳と苺のババロア、ヨーグルトのババロア):200円
ドリンクバー:200円(コーヒー、紅茶、お茶など。おかわり自由)

<営業時間>
カフェ: 9:30~18:00 (セルフサービス)
ランチ:11:30~14:00 土日祝日のみ


■フランス幻想絵画の鬼才の名を冠す「太陽の森 ディマシオ美術館」とは
「太陽の森 ディマシオ美術館」は、2010年に旧太陽小学校の廃校舎を再生しオープンしました。北海道、新冠(にいかっぷ)の緑豊かな自然と牧場に囲まれた土地から、北海道の新たな文化発信地となるべく多様な展示を行なっています。
中でも注目されるのが、フランス幻想絵画の第1人者であり、神技ともいわれる超絶技巧でデジタルアートと見間違うような緻密な筆致で描き出すジェラール・ディマシオの作品200点あまりの展示。小学校の体育館であったスペースには、ひとりの画家によってキャンバスに書かれた油彩画としては世界最大の9m × 27mの作品を常設展示。油彩画の天井と床と壁面を、奥行き3.5mの鏡張りで取り囲んでいます。
ディマシオによる「1万年後の世界を2万年後の未来から追想する」というテーマで創られた初めての「無限の世界」、人と宇宙と自然が一体となれる空間「異空界」が実現。森と牧場の先にある美術館で衝撃的な幻想世界を体感していただけます。

■ジェラール・ディマシオと「世界最大の油彩画」について
<ジェラール・ディマシオとは>
1938年アルジェリア生まれ。75歳。国籍はフランス。現在、ベルギーに在住。
「自分が描き出したいのは、未来における過去のイメージ。たとえば1万年後の未来を、2万年後の人間になったつもりで追想した世界。その中で、明るい希望と暗い予感の両方を探ってみたい」ディマシオは自身の作風をこのように表現しています。
油彩とは思えぬほど細密に描かれた人間や建物、内面的かつ極めて写実的な未知の世界を描いた大型の絵画は美術界に衝撃を与え、1988年に日本で初めて公開された時には、日本に多くの熱狂的ファンを生み出しました。また、88年から93年にかけて全国を巡回した展覧会では計65万人を動員しました。

<ディマシオ美術館「世界最大の油彩画」>
たて9m × よこ27mの巨大油彩画は94年から97年までの3年間で制作されたディマシオの集大成。一人の画家がキャンバスに描いた作品としては世界最大といわれています。その特殊な展示方法も大きな特徴であり、2013年7月には奥行き3.5mの鏡張りを大油彩画を取り囲むように天地左右に施し、無限の世界を表現しています。また、絵を見るだけではなく、鏡の中のアート空間に実際に入ることができ、ディマシオの描き出す未来の世界をより近くに体感していただけます。

■『太陽の森 ディマシオ美術館』のご利用案内
所在地   : 北海道新冠郡新冠町字太陽204-5
美術館開館日: 4月1日から11月30日 無休
        (冬季12月から3月は土日・祝のみの営業)
開館時間  : 9:30~18:00 最終入館受付17:30
TEL     : 0146-45-3312
FAX     : 0146-45-3313
URL     : http://www.dimaccio-museum.jp
Facebook  : https://www.facebook.com/dimaccio.museum

イングカワモト、東日本大震災 被災4県(青森、岩手、宮城、福島)の 観光パンフレットをウェブサイトに無償で掲載するポータルサービスを開始

2014-06-10

株式会社イングカワモト(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:川本 嘉博、以下 イングカワモト)は、青森、岩手、宮城、福島の東北4県の市町村公認のもと、各地区で発行されている観光パンフレットの提供を受け、自社内でデジタル化し、自社のウェブサイトにアップするサービス「東北タビスル」の運用を開始しました。

「東北タビスル」 http://tohoku-travel.com/


1.サービス提供背景 ~デジタル化のノウハウや技術を観光促進に~
イングカワモトは、ウェブサイト上にて大学案内をデジタルブック形式で閲覧できるポータルサービスの提供において、7年以上にわたり紙の学校案内をデジタル化する作業で確かな信頼と実績を築いてきました。さらに、デジタル化したpdfデータをデジタルブック形式に変換する技術を有しており、ブラウザーベースのデジタルブックビューアーが特長の「booMo」というファイル管理ツールの販売も行っています。
このようなノウハウ・技術を、復興へ向けて力強い歩みを進めている東北4県の観光促進に役立てたいと考え、紙の観光パンフレットを無償でデジタル化し、ウェブサイトに掲載するサービスを開始いたしました。

2.サービスの特長 ~パンフレットなどの形状や種類は不問&対応は無償~
当サービスは、東北4県の市町村から観光パンフレット・マップ・チラシなど観光に関する紙の印刷物であれば、形状や種類を問わず提供を受け、それらをスキャン・画像補正・OCR処理といった一連のデジタル化作業により、透明テキスト付のpdfデータにします。そして、当社が運営管理する観光パンフレットの閲覧に特化したポータルサイト「東北タビスル」に登録。ユーザーは、目的や地域、キーワードなどでパンフレットを検索し、デジタルブックビューアーで閲覧します。ウェブサイトとビューアーは、iPadやiPhoneにも対応しているので、時や場所を選ばず、インターネットにつながる環境であれば、利用することができます。
なお、デジタル化作業に関しては、初回登録、更新を含め無償で対応します。その代り、市町村に対しては、公認いただくこと、観光パンフレットが更新されたら速やかに提供いただくことをお願いしています。
このサービスモデルにより、株式会社イングカワモトと市町村の協力のもと、タイムリーで、確かなコンテンツの発信が可能になると考えています。


3.今後の展望 ~東北の観光促進から日本経済の活性化へ~
当ポータルサービスが他にみられるものと大きく異なるのは、市町村に協力いただくことで、その地域内の、しかもごく限られた範囲でのみ配布されている希少なコンテンツを多く掲載できることです。そのような希少価値の高いものを含め現在42市町村198コンテンツを掲載しています。
今後、より多くの方に観光パンフレットを通して、東北の魅力を知っていただき現地へ足を運んでもらえるよう、当サービスによって、その一翼を担ってまいりたいと考えております。さらに、当サービスを全国へ展開させ、日本のすばらしい観光資源を紹介する観光パンフレットのポータルサービスとして、日本経済の活性化に貢献してまいります。


<掲載されている市町村(2014年4月現在)順不同>
【青森県】弘前市役所、鰺ヶ沢町役場、板柳町役場、十和田市役所、三沢市役所、七戸町役場、六戸町役場、六ヶ所村役場、おいらせ町役場、大間町役場、大間町観光協会、大間町海峡保養センター
【岩手県】宮古市役所、北上市役所、釜石市役所、奥州市役所、雫石町役場、紫波町役場、九戸村役場、一戸町役場
【宮城県】仙台市役所、石巻市役所、気仙沼市役所、大崎市役所、蔵王町役場、亘理町役場、大郷町役場、富谷町役場、美里町役場
【福島県】二本松市役所、桑折町役場、石川町役場、浅川町役場、古殿町役場、西郷村観光協会、中島村役場、塙町役場、西会津町役場、会津坂下町役場、湯川村役場、金山町役場、只見町役場、相馬市役所


■観光パンフレットのポータルサービス
 観光パンフレット案内板「東北タビスル」
http://tohoku-travel.com/

 

■ファイル管理ツール「booMo」の公式サイト
http://www.boomo.jp


■イングカワモト会社概要
(1)商号     :株式会社イングカワモト( http://www.ingk.jp/ )
(2)代表者    :代表取締役社長 川本 嘉博
(3)本社所在地  :〒460-0008 名古屋市中区栄4丁目17-18
(4)東京事務所  :〒107-0052 東京都港区赤坂4-1-1 SHIMA赤坂ビル
(5)創業年月日  :1924年1月1日
(6)主な事業の内容:アプリ・システム開発、デジタルブック制作・開発、
          プロ用ネイルシール「ツメキラ」の製造・販売、
          WEB制作、グラフィックデザイン、
          オンデマンド印刷、
          セールスプロモーションの企画・制作
(7)資本金    :1,000万円

「りんくうタウンにおけるクールジャパンフロントのまちづくり   開発運営事業者の募集要項」が発表!説明会・現地見学会も開催

2014-06-05

大阪府では日本の玄関口であるりんくうタウンにおいて、アニメ、マンガ、ゲームなどのポップカルチャーをはじめ日本製品、建築、伝統文化など様々な魅力あるクールジャパンの商材などを集積させ、海外需要獲得の基盤となるプラットホームとしてだけでなく、日本の魅力を楽しみ、味わえる発信拠点とすることをコンセプトとしたクールジャパンフロントのまちづくりをめざしています。
この度、りんくうタウンのさらなる活性化に向け、クールジャパンフロントのまちづくりの「企画・開発・運営」を担っていただく民間事業者を選定する為事業提案公募を実施するにあたり、説明会及び現地見学会を開催します。


◆事業提案公募受付:
平成26年10月16日(木)~10月22日(水)

◆詳細:
http://www.pref.osaka.lg.jp/townkanri/cjfmatizukuri/index.html
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/22818/00000000/cjfbosyuuyoukou.pdf

◆説明会日時:
平成26年6月13日(金) 14:00~
説明会終了後、現地見学会あり(希望者のみ)

◆場所:
大阪府住宅まちづくり部タウン推進局 特別会議室
(大阪府泉佐野市りんくう往来北1番)

◆申込方法:
タウン推進局管理課ホームページ「クールジャパンフロントのまちづくり開発運営事業 様式集」から【様式1】(43ページ)をダウンロードし、必要事項を記載して、平成26年6月11日(水)午後5時までに、電子メールにより下記のアドレスまでお知らせ下さい。
(参加人数は応募1者につき2名まで)
townkanri●sbox.pref.osaka.lg.jp

(●を@に変更してください)

◆詳細・問合せ先:
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=16494
大阪府住宅まちづくり部タウン推進局管理課 りんくうタウン活性化グループ
TEL:072-429-9236 (受付は、平日の9:00~18:00まで)

6月27日(金)北陸地区で大規模なCAEイベント 「ANSYSものづくりフォーラム2014 in 北陸」を開催

2014-06-02

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役:田中 邦明、以下「サイバネット」)が、「ANSYSものづくりフォーラム2014 in 北陸」を、6月27日(金)に金沢にて開催することをお知らせいたします。

サイバネットは、国内屈指の産業集積地である北陸エリアを重要地域としてとらえ、2012年に金沢で「ANSYSものづくりフォーラム2012 in北陸」を開催いたしました。同フォーラムは約100名の来場者をお迎えし、大変なご好評をいただきました。ご来場いただいたお客様を中心に、北陸エリアでの継続的な開催要望を多数いただいたこともあり、この度 第2回の開催となりました。

基調講演には、機械技術コンサルタントとしてご活躍中のTMEC技術士事務所 所長の遠田治正様をお迎えして、「CAEで品質確保するためのプロセスと体制作り」「DRの場での解析結果の評価の仕方」など構造設計でCAE適用効果を出すための方策について講演いただきます。
また、サイバネット技術者からの最新技術情報に加え、3名の外部講師をお迎えし、事例を含めた様々な講演を実施いたします。さらに全講演終了後には懇親会を設け、北陸エリアのものづくりに携わる皆様の情報交換を促進したいと考えております。

本イベントを、ものづくりにおけるCAEの実用的な情報収集や、北陸エリアのものづくりに従事される皆様の情報交換の場としてご活用いただければ幸いです。

=========================================
開催概要
=========================================

  • 日程 2014年6月27日(金)
  • 開催時間 10:30~18:00 (受付開始 10:00) ※18:00より懇親会
  • 開催会場 石川県地場産業振興センター
  • 定員 100名
  • 受講料 無料(事前登録制)
  • 対象 ・サイバネットシステムよりANSYSを中心とした各種CAE製品を導入 いただいているお客様 ・機械系CAE製品を自社製品開発に活用していきたいお客様
  • 詳細・申込 http://www.cybernet.co.jp/ansys/14hokuriku/

=========================================
主な見どころ
=========================================
基調講演 『構造設計でCAE適用効果を出すための方策』
TMEC技術士事務所 所長 遠田治正様

特別講演 『売上げ貢献できるCAEを目指して ~専任者の役割と貢献評価~』
光洋サーモシステム株式会社 商品開発部 次長 実験解析チーム チーム長 藤山周秀様

事例講演 『発泡スチロール材の落下衝撃解析』
富山県立大学 工学部機械システム工学科 教授 森孝男様

招待講演 『再生医療機器開発における流体解析』
澁谷工業株式会社 専務取締役 中俊明様

他にも多数の技術講演があります。詳細・申し込みについてはWebサイトをご覧ください。

=========================================
関連情報
=========================================
CAEについては、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/ansys/about/cae.html

6月7日(土)戦略経営研究会/98thミーティング スポーツと地域コミュニティ ~チームビルディングを活かす~

2014-05-23

今回は、プロレスラーのはやてさんにお話しをいただきます。
http://hayate275.jugem.jp/

はやてさんは、大学時代に大学生プロレスのチャンピオンとなりましたが、卒業とともに、文房具メーカーに就職されました。
しかし、プロレスへの思いを捨てられず、20代後半のときに、単身、メキシコへプロレス修行に出ました。
帰国後、小柄ながら、スピーディーな展開のできるプロレスラーとして開花し、みちのくプロレスのトップレスラーとなりました。空を舞う感じです。この際に、後輩らを育てることを心かけて、実行していました。みちのくプロレスはお客様のために高いパフォーマンスを継続して提供できました。まさに、チームビルディングです。こちらのお話しをしていただきます。その後、プロレス団体を立ち上げ、経営者としての経験も積まれました。

現在、地域密着型(商店街や町内会を巻き込むとともに、地域住民と距離の近い)プロレス団体を立ち上げるために奔走されています。地域コミュニティにおけるスポーツの役割についてもお話しをしていただきます。親と子、商店とお客様をつなげることできます。また、発表、質疑応答の後にチームビルディングのワークショップも行います。

発表者 ルチャドール・はやてさん(プロレスラー。NPO法人チャレンジいたばし理事長)
http://challenge-itabashi.jimdo.com/

日 時 2014年6月7日(土曜日)
(13:45から受付開始) 14:00~16:50

会 場 東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 5階 会議室503
地図→ http://yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10

会 費 社会人3000円/学生1000円

参加申込

下記のらくらく参加フォームからお申込みください。 「勉強会名」を「6/7戦略研」としてください。(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.