スケジュール

2月22日(土)「第2回都道府県対抗・学生観光PRアワード」(略称:ガクチカ観光PRアワード)の岩手県での最終審査会の開催が決定!

2014-02-06

「第2回都道府県対抗・学生観光PRアワード」(略称:ガクチカ観光PRアワード)の岩手県での最終審査会の開催が決定しました!決勝進出者10名が、(1)地元観光PR(2)地元のお土産物のアイデイアプラン(3)地元のドライブコースを提案!

アジアの学生間の交流・友好の輪を広める「第3回ミスキャンパスサミット」と両イベントの参加学生による陸前高田市での震災復興に向けてのワークショップも同時開催し、「学生のチカラ」で、東北の復興への貢献を目指します!!

logo2

全国47都道府県の大学生が、地元の観光の魅力を国内外にPRする企画、「学生のチカラで日本を元気に!第2回都道府県対抗・学生観光PRアワード」最終審査会の岩手県盛岡市での開催が決定いたしました。また、アジアの学生間の交流・友好の輪を広め、日本の魅力を国内外の若者に訴求する、アジアのミスキャンパスを日本に招いての「第3回ミスキャンパスサミット」と、両イベントの参加学生による岩手県陸前高田市での震災復興に向けてのワークショップ及び宮城県石巻市での復興ボランティア活動を、震災復興への思いを込めて、同日程で開催させて頂くこととなりました。

地域の活性化への貢献を目的に昨年より開催しております「学生のチカラで日本を元気に!都道府県対抗・学生観光PRアワード」におきましては、自らが愛する地元の観光PRを、学生ならではの自由な発想・アイデアで行うことで、新たな日本の魅力の発見・発信と、地域観光の促進につなげることを開催目的とし、昨年度、第一回が開催されました。昨年度は全国のミスキャンパスを参加者として開催いたしましたが、第二回となる本年は、学生のチカラをより大いに発揮すべく、一般大学生を含む全大学生に参加枠を拡大し、地元の観光PRにより貢献できるよう、取り組んでおります。

本イベントの開催にあたっては、観光庁殿の特別後援と、内閣府殿、全国の地方運輸局殿、45道府県等の後援が予定されており(2014年1月29日現在、43道府県後援・栃木県、徳島県後援予定)、最終審査会でのプレゼンテーションにより、グランプリ(観光庁長官賞)が決定いたします。その最終審査会の会場として岩手県盛岡市、岩手県公会堂を予定しております。

本イベントは、2013年10月から12月までは、それぞれ学園祭でのプロモーション期間として、参加者各自が学園祭のブログ等で地元の観光PRの投稿等を行って参りました。プロモーション期間は12月末で終了し、2014年1月からは、第一次審査として、Google+での投稿による、観光PRと地元のお土産物のアイデイアプランの提案、地元のドライブコースの提案を行って頂き、Google+の「+1」の得票数と事務局審査により上位10名が決定され、最終審査会でのプレゼンテーションが行われ、グランプリ(観光庁長官賞)が決定いたします。また、その最終審査会の会場として岩手県盛岡市、岩手県公会堂を予定しております。最終審査会でグランプリに選出された方にはその後、陸前高田市でのアジアや全国の学生と被災地の活性化について考えるワークショップ、石巻市での復興ボランティア活動にも参加をして頂きます。

東日本大震災からもうすぐ3年が経とうとしています。富士山の世界遺産登録や東京オリンピック決定など、日本は次第に元気を取り戻しつつありますが、復興の手は未だ被災地全土に行き届いておらず、被災地への関心は徐々に風化しつつあるといえます。大きな代償を払った東北大震災の経験を、わたくしたち将来世代の学生は、風化させず、日本の魅力と素晴らしさを国内外に発信し、少しでも日本が、被災地が元気になれるように貢献したいと考え、「学生のチカラで日本を元気に!第2回都道府県対抗・学生観光PRアワード」と、アジアのミスキャンパス(インドネシア、ベトナム、シンガポール)を日本に招いての「第3回ミスキャンパスサミット」を岩手県で同時開催させて頂きたいと考えております。

イベント公式HPはこちら:http://kankoaward.gakuchika.com/2nd/

リリース内容の詳細はこちら:http://kankoaward.gakuchika.com/2nd/pdf/press_140206.pdf

2月11日(火・祝) 地方出身U-30ACTIONDAY参加者募集中

2014-02-04
地方出身U-30ACTIONDAYを2月11日 (火・祝)に開催いたします。
・地方出身でなくても、地域・地方が気になる人
・地元に何かしら貢献したい人
・U-30でなくても、アクティブに活動したい方
東日本大震災の月命日である2014/2/11は地域と地元を考え、アクションを起こす若者の日にしましょう。
防災をオシャレで分かりやすく伝える「防災ガール★」過去300名以上集めている出身地Dayを企画する「日本財団 CANPAN」地域×クラウドファンディング「FAAVO」地域を考える3団体のコラボ企画です。
いま進学や就職で地元を離れて東京で暮らす若者が増えています。離れて気づく「出身地の良さ」欲しいけどあまりない「出身地同士のつながり」なんとかしなくちゃという「出身地への危機感」
「何かしたい!」って思っている人も増えているけど、「ボク、ワタシは何が出来るんだろう?」って思っていませんか?
同じような思いをもつ若者が集まって、出身地について話し、行動する。ひとりじゃ出来ることは少ないかもしれないけど、同じような仲間がいれば何か出来ると思いませんか?
東日本大震災からもうすぐ3年が経つ月命日に、
地域と地元を愛する若者たちでこれからの地域や地元の課題解決をするアクションをおこすためのきっかけをつくるイベントを企画しました。
▼参加申し込みはこちらから
【イベント概要】
・日時:2014年2月11日(火・祝) 13:00~16:00(開場12:30)
・場所:日本財団ビル1階フロア
・参加費:2,000円(ドリンク、軽食を含む)
・定員:60名
<コンテンツ>
1、 イベントの説明、各団体の紹介
2、【CHECK IN】グループ内で自己紹介
3、【ブレスト&ワークショップ】地域の平時・緊急時の災害、防災の課題
4、【現状を知る】地域の課題、これからくる災害について知る
   ・地域の現状と課題と動き:FAAVO
   ・これからくる災害について:防災ガール★
5、 【地域の課題解決を行うU-30による対談】
   ・四国若者1000人会議2013社会人リーダー 冨浪 真樹さん     http://shikoku1000.jp/
   ・トリクミ 古田 琢也さん http://torikumi.org
   ・チャリティーサンタ岡山支部 渡辺 泉さん       http://www.charity-santa.com/
   ・地元カンパニー 神宮司さん http://www.jimo.co.jp/
6、 【ワークショップ】地域の平時・緊急時の課題を考える
7、 【交流会】告知TIMEもご用意しています
また、当日は日本財団・FAAVO・防災ガール★メンバーがアイデアを実現するためのサポートを。そして、当日のワークショップで生まれたアイデアをFAAVOがカタチにするお手伝いをします。
語るだけで終わらない、仲間をつくり、動き出すきっかけとなる日に。ボク・ワタシ達から始める出身地へのムーブメントを。
<主催>
 防災ガール★ http://bosai-girl.com/
<共催>
 日本財団CANPAN  http://fields.canpan.info/
 FAAVO  https://faavo.jp/

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.