スケジュール

笠間 「田んぼの生き​ものワークショップ」​のご案内

2013-06-06

笠間みつばちの里de『田んぼの生きものワークショップ』

ミツバチや里山の生きものに配慮した環境保全型農業に取り組む地域が増えています。
そのひとつ、茨城県笠間市上郷地区に「笠間みつばちの里」があります。
今回は、環境に配慮した農業を実践している「笠間みつばちの里」にて『田んぼの生きものワークショップ』を開催します。ベテラン講師の解説を聞きながら、アミと虫かごを持って田んぼの生きもの調べにチャレンジしてみましょう。田んぼの生きものや植物との出会いは、素敵な発見がたくさんあります。

農家の皆さんとの交流食事会では、羽釜で炊いたみつばちの里のお米や地元の食材をご用意しております。また、獣医さんからみつばちのお話を聞きながら果樹園での摘み取り体験もできます。 「笠間みつばちの里」の魅力を楽しむ内容が盛り沢山です。

「みつばちの里とは?」
自然環境に敏感な在来種の日本ミツバチをエコ農業のシンボルとし、生産現場の間近で日本ミツバチを飼育します。
ミツバチが元気に生息する安心・安全な環境の栽培を消費者にPRすると同時に、ミツバチを初めとする「いきものたち」に優しいエコ農業の栽培方法・技術の確立を目指します。
【開催日】 平成25年6月29日(土)8:00集合 18:00解散
【集合場所】 銀座紙パルプ会館前集合(東京都銀座3-9-11)
【訪問地域】 茨城県笠間市上郷地区「笠間みつばちの里」
【対象者】 環境保全型農業や里山再生、田んぼの生きものや日本みつばち、自然保護活動に関心のある方。
【募集人数】  40名 *申し込みは先着順で、定員になり次第締め切ります。
【参加費用】  大人:4,000円   小学生:2,000円 (小学生以下の幼児無料)
【募集期間】  2013年5月30日(木)~6月20日(木)
【主  催】 一般社団法人日本在来種みつばち協会
【共  催】 いばらき食と農のブランドづくり協議会

【注意事項】
*田んぼに入って生きもの調査をします。裸足で入るのに抵抗のある方は、長靴などを各自でご用意ください。
(田んぼに入らなくても参加できます。)
*気温が高く、紫外線も強い時期になります。熱中症対策、日焼け対策を各自準備してください。
*雨天決行です。(雨天の場合は、午前は田んぼを確認した後、生産者から田んぼの様子のお話を聞きます。午後は屋内にて生きものワークショップを開催します。)
【協  力】 笠間市 上郷地域うまい米づくり研究会 岩間上郷地域ホタル増やそうかい
【お問い合わせ先】 一般社団法人日本在来種みつばち協会

東京都中央区銀座3-9-11紙パルプ会館

電話03-6277-8000(10:00~17:00 土・日・祝を除く)

FAX 03-6277-8888 E-mail ginzainitiative@gmail.com

*お申し込みは、FAXまたは、E-mailにて受け付けます。

【お申し込み】 一般社団法人日本在来種みつばち協会

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.