2013年4月

「まちつくり、まちづかい、まちづきあい」を現場で考える講座

2013-04-09

「まちづくり、まちづかい、まちづきあい」を一緒に考える講座をご紹介します。

申し込みは4月15日まで、申し込み順で25名限定です。先着順となります。
申し込みなど詳細URL:http://www.u-gakugei.ac.jp/seminar/2013/post-2.html
(東京学芸大学HPから入れます。)
(さらに…)

「4月です、さぁ始めよう! イキイキする活躍の場を探そう!」

2013-04-09

田無スマイル大学 フューチャー・セッション@西東京
第3回 地域に眠る人財の活用

サラリーマンをしながらも、得意技を地域に活かしたいがきっかけがない。
子育てしながらも、自分らしく何かはじめたいのだけれど、どうしたらよいか分からな
い。
定年退職になったが、地域には友達もいないし、どうしたらよいか分からない。

自分らしくもっと活躍してみたいのだけれど、どうしてよいか分からず、鬱々している
人は多いのではないでしょうか。

今回は、すでに自分らしい活躍の場を見つけている3人のゲストのお話を聞いた後、グ
ループに分かれ、「私には何ができるだろう」「それにはどうしたらよいだろう」など
について、皆で話し合います。
これから何かを始めてみたい、チャレンジしたいと感じている方のご参加をお待ちして
います。
また、すでに、自分らしい生き方を見つけておられる方にもぜひご参加いただき、自分
の実体験をお話頂くとともに、新たな発見や気づきの機会にしてもらえたらと思います

(さらに…)

地域プラットフォームによる観光まちづくりセミナー(4.24京都)へのお誘い

2013-04-09

学芸セミナー
地域プラットフォームによる観光まちづくり
~地域のマーケティングとマネジメントを考える~
大社充、宗田好史

多くの地域で、賢明な努力にもかかわらず、着地型観光による交流人口の
拡大が思うように進展していません。
一方、ハットウ・オンパクやおぢかアイランドツーリズム協会など成果を
あげている事例では、地域資源を活用して商品を生み出し集客を図る「プラッ
トフォーム型の事業組織」が生まれています。彼らは顧客志向のマーケティ
ングやマネージメントに取り組み、新たな可能性を切り開いています。
今回のセミナーでは、このような視点から地域に求められる組織や人材に
ついてお話しし、皆様と議論したいと思います。
また宗田好史さんにおいでいただき、オルチャ渓谷やフィレンツェなど、
イタリアにおける観光まちづくりについてご紹介いただき、議論を豊かにし
たいと思います。
奮ってご参加ください。
(さらに…)

「ワークショップ『デッサンあ』に参加しよう!」テレビ放送日決定!

2013-04-05

■■テレビ放送のお知らせ
「ワークショップ『デッサンあ』に参加しよう!」■■

先日開催した「ワークショップ『デッサンあ』に参加しよう!」の様子が、
NHK Eテレの番組「デザインあ」で放送されます。公募によりお集まり
いただいた32名の来場者のみなさんが「デザインあ展」の会場内で
デッサンをする様子を、ぜひお楽しみください!

「やかん」
#41 4月6日、20日(土)あさ7:00~7:15
再放送 4月12日、26日(金)夕方3:45~4:00

「シェルチェア」
#42 4月13日、27日(土)あさ7:00~7:15
再放送 4月19日、5月3日(金)夕方3:45~4:00

■■「デザインあ展」特別オブジェ 関口光太郎「あ」■■

「デザインあ展」特別コンテンツとして、造形作家 関口光太郎が制作したオブジェが
東京ミッドタウンの玄関口にて、4月14日(日)までご覧いただけます!

期間:3月20日(水)- 4月14日(日)
場所:東京ミッドタウン プラザ1F 妙夢前
http://www.2121designsight.jp/program/design_ah/relation.html
(さらに…)

日本財団CANPAN・NPOフォーラム「助成財団スタッフのひとりごと」開催のご案内

2013-04-05

3月16日(土)には約160名の方にご参加いただき「第3回NPO×IT EXPO」を
また19日(火)には約150名の方にご参加いただき「出身地Dayリターンズ」
を無事開催することができました。

さて、4月のCANPAN・NPOフォーラムの詳細が決定しましたので
3月のNPOフォーラムの報告とあわせてご案内させていただきます。
ご都合よろしければぜひご参加ください!

1.CANPAN・NPOフォーラム「助成財団スタッフのひとりごと」
~ここだけで、こっそりつぶやきます!助成金のことや広報、
情報発信、団体間連携に、寄付など~
2013年4月11日(木)10:00~15:30 日本財団ビル
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/77

2.【開催報告】CANPAN・NPOフォーラム「第3回NPO×IT EXPO」
2013年3月16日(土)開催・日本財団ビル
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/79

3.【開催報告】日本財団CANPAN&日本マイクロソフト・
NPOフォーラム「出身地Dayリターンズ」
2013年3月19日(火)開催・日本財団ビル
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/81

---------------------------------
1.CANPAN・NPOフォーラム「助成財団スタッフのひとりごと」
~ここだけで、こっそりつぶやきます!助成金のことや広報、
情報発信、団体間連携に、寄付など~
2013年4月11日(木)10:00~15:30 日本財団ビル
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/77
---------------------------------

全国各地で年間累計100回以上のセミナー講師を務めている
日本財団職員有志が講師陣となって、日ごろの業務の中で
見つけた様々なノウハウを広くみなさまにお伝えします。

日本財団の事業の柱の一つである助成金のことや、
財団の広報活動を通じての広報ノウハウ、
CANPANサイトの知見による情報発信や寄付のポイントなど、
団体や活動を加速させるためのヒントをぜひ見つけてください。

◆開催日: 2013年4月11日(木)10:00~15:30(開場9:30)

◆開催場所: 日本財団ビル会議室

◆参加費 : 事前申込→2,000円  当日受付→2,500円
(参加費には、ランチ代が含まれます)

◆定員: 100名

◆対 象:NPOなどの公益活動に関わっている方、
あるいはこれから関わりたい方など

◆主催:日本財団CANPANプロジェクト/セミナー3.0プロジェクト

◆内容:
オープニングセッション「CANPANの紹介&活用」

午前のセッション
分科会1:助成金
「助成金担当者の本音~助成金を獲得したいNPOに
必ず知っておいてほしい3つのこと~」
分科会2:情報発信
「NPOの情報発信のトレンド~ほんとのところ、
どのツールを活用するといいの?」

テーマ別のランチ交流会

午後のセッションその1
分科会3:助成金
「NPOは実施している助成事業の情報を
どのように活かすべきか? 」
分科会4:社会課題
「未来のために社会を変える!という野望・・・
どうやったら実現できる?」

午後のセッションその2
分科会5:広報
「新年度から始める広報活動
~いつやるの?…今でしょ!!~」
分科会6:寄付
「『2団体6万円』から『71団体1,300万円』へ
~ネット寄付、4年間で変わったこと、変わらないこと~」

参加申込・お問合せ等の詳細はこちらをご覧ください。
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/77

---------------------------------

---------------------------------
2.【開催報告】CANPAN・NPOフォーラム「第3回NPO×IT EXPO」
2013年3月16日(土)開催・日本財団ビル
---------------------------------

3月16日(土)に開催しました日本財団CANPAN・
NPOフォーラムの報告です。

「今、本当に使いたいITツール」ということをテーマに、
NPO・NGO・公益活動団体が活用出来るITツールを
一気に24個、ご紹介しました。

各ITツールのプレゼン資料を掲載していますので、
この報告記事をご覧いただくだけで、最新の活用できる
ITツールを知ることができます。
参加された方も、参加出来なった方も、ぜひご覧ください。

CANPAN・NPOフォーラム「第3回NPO×IT EXPO」
~今、本当に使いたいITツール~

<開催報告記事>
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/79

---------------------------------

---------------------------------
3.【開催報告】日本財団CANPAN&日本マイクロソフト・
NPOフォーラム「出身地Dayリターンズ」
2013年3月19日(火)開催・日本財団ビル
---------------------------------

3月19日(火)に、「出身地Dayリターンズ」という
東京から”出身地”のことを考えるためのイベントを開催しました。
今回は、ITで地域活性化を支援している日本マイクロソフトと
日本財団CANPANとのコラボレーション企画になっています。

当日は約150名の”出身者”が集まって、都道府県別に
わかれて出身地を語る「出身地カフェ」や、
出身地愛の高い参加者同志が交流するための「全国カフェ」という、
2種類のワークショップを実施しました。

報告記事の中では、参加者の作成したワークシートも
一挙公開しています。これからの地域活性化を考える
ヒント満載の内容になっています。
参加された方も、参加出来なった方も、ぜひご覧ください。

日本財団CANPAN&日本マイクロソフト・NPOフォーラム
「出身地Dayリターンズ」
~東京からあらためて”出身地”を考える~

<開催報告記事>
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/81

ヨーロッパの伝統看板をテーマにした講演会のお知らせ

2013-04-03

 

西川潔氏を講師に迎え「ヨーロッパの伝統看板」をテーマにした講演会を開催致します。

 

主催 NPO法人ストリートデザイン研究機構 広告景観研究会

http://streetmarketing.jp/sd/

 

 

広告景観研究会の趣旨と目的

駅前や街路等の都市景観は土木、建築、ストリートファニチャ、広告等様々な要素の集合で成り立っています。中でも屋外広告に関しては各自治体での条例などで規制されてはいますが、良い景観形成としてなかなか実績が上がっていません。

広告景観研究会では、屋外広告物を今までのような規制対象としてではなく、街の賑わい、地域の活性化、地域性の表現等、景観形成に対する積極的活用要素として捉えられないかを考えようというものです。そのために、様々な立場の方々から広告景観に対するご意見をいただき、関心のある方々と議論を深めながら、広告景観成立の可能性や課題、方法等を明らかにし、屋外広告を有効に活用することにより、各地の都市景観がより魅力的に、楽しく美しく、個性あるものとして成立するにはどうしたらよいかを考えるという趣旨と目的をもって活動を致します。

広告景観研究会は、業界団体等の垣根を超え、行政、広告主等、さまざまな人の参加を歓迎し、宮沢功氏を座長に、NPO法人ストリートデザイン研究機構が主催と事務局を担当致します。

(さらに…)

クリエイティブ産業News

2013-04-02

クリエイティブ産業について
6件のお知らせです。

1.【予告・説明会】平成24年度補正予算「コンテンツ海外展開等促進事業」の説明会を
近畿で実施予定です。(5月予定)
2.【公表】おもてなし経営企業選を選定しました(3/26)
http://www.kansai.meti.go.jp/3-2sashitsu/service/24omotenashi/omotenasi.html
3.【補助金】「地域需要創造型等起業・創業促進事業」に係る起業家等を募集します(~4/22)
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html
4.【補助金】おおさか地域創造ファンド
http://www.mydome.jp/aopf/region/
5.【説明会】平成25年度「中小企業海外展開支援事業」に関する事業説明会および個別相
談を開始しました(4/5)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kokusai/2013/0325jigyosetumei.htm
6.【公募】京都創造者大賞2013~創造が生み出す伝統~ 募集開始  (~5/31)
http://www.kyo.or.jp/brand/taisyo/

◇◆◇◆————————–——————————————
1.【予告・説明会】平成24年度補正予算「コンテンツ海外展開等促進事業」の説明会を
近畿で実施予定です(5月予定)
———————————————————————◆◇◆◇

平成24年度補正予算事業「コンテンツ海外展開等促進事業」について、NPO法人映像産業
振興機構(VIPO)が選定され、3月19日よりVIPOのWEBサイトにてローカライズ&プ
ロモーション支援助成金の募集が開始されましました。
当事業の説明会がVIPO主催で4月10日(水)及び18日(木)に東京で開催されます。

別途、近畿におきましても5月にVIPO主催、近畿総合通信局・近畿経済産業局共催で説
明会を開催する予定です。
開催日時は調整中ですので日程が確定次第再度ご連絡します。

■参考 ローカライズ&プロモーション支援助成金の募集(VIPO)
http://www.j-lop.jp/

◇◆◇◆————————–——————————————
2.【公表】おもてなし経営企業選を選定しました(3/26)
http://www.kansai.meti.go.jp/3-2sashitsu/service/24omotenashi/omotenasi.html
———————————————————————◆◇◆◇

経済産業省は、3月26日、「おもてなし経営」を実践する50の事業者を「おもてなし
経営企業選」として選定しました。このうち、関西から以下の特色あるサービスを展開
する5社が選定されました。

関西圏での選定企業(50音順)
○株式会社イノブン 【雑貨販売】(京都府 京都市)
○株式会社伍魚福 【食品製造・卸】(兵庫県 神戸市)
○ノアインドアステージ株式会社 【テニス場運営】(兵庫県 姫路市)
○株式会社ハッピー 【衣類ケア・メンテナンス】(京都府 宇治市)
○株式会社びわこホーム 【建築・建設】(滋賀県 甲賀市)

なお、全国の選定情報は以下を参照ください。

■おもてなし経営企業URL(経済産業省本省HP)
http://www.meti.go.jp/press/2012/03/20130326001/20130326001.html

◇◆◇◆————————–——————————————
3.【補助金】「地域需要創造型等起業・創業促進事業」に係る起業家等を募集します(~4/22)
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html
———————————————————————◆◇◆◇
独立行政法人中小企業基盤整備機構では、認定支援機関たる金融機関又は金融機関と
連携した認定支援機関と連携しつつ、新たに起業・創業や第二創業を行う方に対して、
その創業等に要する経費の一部を補助する事業の公募を行っています。
◆公募期間 締め切り:4月22日(月)【当日消印有効】
詳しくは、以下サイトをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html

(さらに…)

コミュニティマネジメントセミナーの開催案内(4回開催)

2013-04-02

ぜひご自身のコミュニティマネジメント能力や
コーディネート能力の向上のためにご活用いただけるセミナー

「コミュニティマネジメントセミナー」を
4月からほぼ毎月2回の頻度で開催することとなりました。
(エンパブリックさんとの共催で、場所は根津スタジオです)

コミュニティ運営に必要な型を学んで、組織やスタッフの
活性化を図りましょう!ぜひご参加ください。
(4月~5月の計4日程どこでもお申込みできます。すべて同じ内容です。)

●団体の運営に必要な「型」をインストールする
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いきいきと継続できるコミュニティのために必要な2つの「型」

~ミーティングの型/年間計画の型~

コミュニティマネジメントセミナー開催
http://www.crfactory.com/

【申込みはこちら】
http://goo.gl/mZcF4

――――――――――――――――――――――――――――――
2013年4月 9日(火)19:30~22:00
2013年4月13日(土)10:00~12:30
2013年5月14日(火)19:30~22:00
2013年5月25日(土)10:00~12:30
@株式会社エンパブリック 根津スタジオ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※コミュニティとは、同じ趣味や同じ想いを持って活動している仲間の集まり
であり、具体的にはNPOや会やサークルなどの団体のことを指します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ミーティングの日程が調整できないまま、時間が経ってしまって運営が苦しくなる・・・」
「ミーティングにうまく全員がそろわない・・・」
「ミーティングをするけど、大したことは決まらず、議論だけで終わってしまう・・・」
(ミーティングの悩み)

「いつも場当たり的で、運営や準備にあわててしまう。先のことが決まっていない不安感がある・・・」
「スタッフの考えや気持ちがバラバラでまとまらない(みんな違う方向を見ている気がする)・・・」
「何のためにやっているのか、わからなくなる時がある・・・」
(年間計画の悩み)

団体の運営をしているとさまざまな問題や壁にぶつかります。
みなさん「良いことをしたい」「楽しいことをしたい」という
気持ちは一緒なのに、時間の足りなさや気持ちのすれ違いで、
なかなかうまくいかないということは日常茶飯事のようです。

本業(仕事・家事・学業)を持っているボランタリーなメンバーで
運営している組織には、それ特有の運営の難しさがあります。
それは、
<ボランタリーな人材・組織の特徴>
◎お金(給与・金銭的報酬)でつながっていない=お金ではない“報酬”を求めている
◎優先順位・関わり方がバラバラ=本業(仕事や学業)の状況に左右される
◎スタッフが提供できる時間が少ない=ひんぱんに会えない
このように、ボランタリーによる「ゆるやかな」つながりの中で、
一人一人のやる気・モチベーションを維持し、きちんと運営・活動を
していくことは、そもそもとても難しいことなのです。

よって、以下のようなことを深く認識することが大切です。
◎スタッフひとりひとりは、コミュニティ運営に多くの時間をかけられない
◎人の関わり方(かけられる時間、思いや気持ち、動機、メリット)はバラバラ
◎リアルな場で「気持ち」や「情報」を共有することが何より大切!
◎いちいち手をかけなくても運営がまわっていく「仕組み」を整えることが継続の秘訣!

いきいきと安定的に継続するコミュニティにするためには、
そのための「仕組み」と「基盤」を整えることが大切なのです。

上記のような視点に立って、コミュニティマネジメントセミナーでは、
いきいきと継続できるコミュニティに必要な「型」をお伝えします。

★ミーティングの型
★年間計画の型

弊団体が開発した「コミュニティ運営支援ツール」を使いながら、
実際にワークしながらダイジェストに学びます。
この機会に団体の運営のやり方を見直し、
「ミーティングの型」「年間計画の型」をインストールしてください。

<対象>
■会・サークル・NPOなどの団体(=コミュニティ)を運営している(したい)方
■コミュニティ運営に課題を感じていて、「もっと良くしたい」と強く思っている方
■自分の団体の運営のやり方を見直して、団体運営の基盤整備をしたいと思っている方

<期待成果>
■「ミーティング」「年間計画」それぞれのやり方(型)を習得できます
■自分の団体の運営のやり方の問題点がチェックでき、改善点が明確になります
■団体に持ち帰って導入することで、「より高い成果」と「チームで運営できる」状態が手に入ります

(さらに…)

「中野にふさわしい観光とは~中野のまちの魅力に迫る」イベント開催のお知らせ

2013-04-02

4月16日に開催する中野MIX-UPのご案内をさせていただきます。

MIX-UPとはボクシング用語で、戦いながら強くなるという意味です。中野のまちづくりついて意見を闘わせながら、みんなで成長していくという想いを込めて命名いたしました。

下記、イベントの詳細になります。

4月16日(火)にNHK白熱教室JAPANで明治大学国際日本学部での授業が放映された小笠原泰教授を招き、「中野にふさわしい観光とは」~中野のまちの魅力に迫るというテーマで中野MIX-UPを開催いたします。

本イベントは中野を愛する地方公務員、会社経営者、会社員、主婦、学生等、様々な立場の人が議論を戦わせる事により、お互いの考えを向上させ、みんなが一致団結して強いまちづくりを目指して前進する為の場として開催致します。イベント当日は「中野にふさわしい観光とは」をテーマにガチンコで議論しましょう!!

【テーマ】「中野にふさわしい観光とは」~中野のまちの魅力に迫る
【日 時】4月16日(火) 19時00分-21時15分
【場 所】スマイルなかの4階AB会議室
【会 費】一般500円 学生無料
【定 員】先着40名
【主 催】NPO法人 ストリートデザイン研究機構  中野区職員勉強会 NAS
【申 込】infonew@streetmarketing.jp

参加をご希望の方は、上記のアドレス宛に件名「中野MIX-UP」と本文に「氏名、所属、E メールアドレス」を記載の上、ご連絡下さい

【講師プロフィール】
小笠原 泰(おがさわら やすし)明治大学国際日本学部教授
1957年、鎌倉生まれ。東京大学卒、シカゴ大学大学院国際政治経済学修士、同大学院経営学修士。マッキンゼー&カンパニーを経て、アグリメジャーである米国カーギル社ミネアポリス本社入社。ミネアポリス本社、カーギルB.V.(オランダ)、カーギルPLC(イギリス)勤務を経て、NTTデータ経営研究所へ。同社パートナーを経て、2009年4月より現職。
[専門] 社会生態学 [研究領域] 組織文化マネジメント、イノベーションマネジメント、知識経営論、社会システムデザイン論、デジタル社会文化論

主たる著書:『2050 老人大国の現実』『日本型イノベーションのすすめ』 『なんとなく、日本人』『日本的改革の探究』『CNCネットワーク革命』

以上になります。

今回は定員40名です。すぐ定員に達してしまう可能性があります。
参加をご検討の方はお早めに申込いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

地域活性化シンポジウム 基調講演

2013-04-02
日本の、地域の歴史文化や芸術、など伝えていくべき素晴らしき大切なもの。
その大切な宝ものを知り、気づき、現代に伝え、活かし、次代につなぐことを、
「全体最適」と「価値共創」の思考の育成も目的にシンポジウムが開催。
地域活性化シンポジウム   基調講演
4月13日(土)16時〜   練馬区(N2O・農業振興)
                                サンライフ練馬(入場500円)
同日           18時〜   豊島区(トキワ荘通りプロジェクト)
                                 区民ひろば富士見台(入場無料)
担当  東京農業大学教授
        コミュニティプロデューサー    木村俊昭
« Older Entries Newer Entries »

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.