スケジュール

ご当地グルメの取組みを一過性に終わらせない!専門家によるシンポジウム『地域ブランディング~次の視点』開催 ~3月21日(木)、東京・全国町村会館にて~

2013-03-13

「食文化活用・創造事業検討委員会」(事務局:株式会社ブランド総合研究所、本社:東京都港区、代表取締役:田中 章雄)は、平成24年度国庫補助事業(農林水産省)「食文化活用・創造事業」の一環として、『地域ブランディング~次の視点 食文化活用・創造事業シンポジウム』を、3月21日(木)に東京・全国町村会館(永田町駅より徒歩1分)にて開催します。

詳細・お申込み: http://www.syoku-brand.com/information/post_020.html

本シンポジウムは、平成24年度国庫補助事業(農林水産省)「農林水産物・食品地域ブランド化共通基盤構築事業」と併催するもので、地域ブランドやご当地グルメなどの開発に取組まれている方や、それらを通した地域活性化にご興味をお持ちの方など、どなたでも無料でご参加いただけます。
ご当地グルメなど地域の食文化を活用した地域活性化の取組みが各地で行われていますが、成果が出ない、取組みを継続できないといった地域が増えています。本シンポジウムでは、それらの取組みを一過性に終わらせないためにどのようにすればよいのか、専門家の皆さんを交えて活動を継続する上での重要なポイントについてディスカッションを行います。

■シンポジウム概要
日時:平成25年3月21日(木) 13:00~17:00(開場 12:30)
場所:全国町村会館・ホール(永田町駅徒歩1分)

<プログラム>
◎13:00  開演(開場 12:30)

◎13:00~ 第1部「地域ブランディングの現状整理と方向性」
・基調講演『地域ブランドの方向性』
食と農林水産業の地域ブランド協議会 会長 上原 征彦

・調査結果報告『地域ブランドの持続的発展のために』
株式会社ブランド総合研究所 代表取締役 田中 章雄

◎14:30~ 第2部 パネルディスカッション
「地域ブランディングの継続的な取組みを目指して」
・パネリスト
金子和夫事務所株式会社 代表取締役 金子 和夫
押本特許商標事務所 代表 押本 泰彦
株式会社JTBパブリッシング 執行役員 楓 千里
パルシステム生活協同組合連合会 商品本部商品企画部 副本部長 栗田 典子
株式会社ブランド総合研究所 代表取締役 田中 章雄

・ファシリテーター
東京理科大学専門職大学院 教授 生越 由美

◎15:50~ 第3部 パネルディスカッション
「一過性に終わらせない、ご当地グルメ取組みのポイント」
・パネリスト
東京理科大学専門職大学院 教授 生越 由美
郷土料理研究家 清 絢
日本経済新聞 特別編集委員 野瀬 泰申
富士宮やきそば学会 会長 渡邉 英彦

・ファシリテーター
株式会社ブランド総合研究所 代表取締役 田中 章雄

◎17:00  閉会

◎17:00~ 個別相談会(事前申込制・ご希望の方は事務局までご連絡ください。)

 

詳細・お申込み: http://www.syoku-brand.com/information/post_020.html

鳥取発!過疎地域の​戦略セミナー 3月​21日に東京にて開催

2013-03-05

『過疎地域の戦略』の出版を記念し、鳥取大学主催で東京でセミナーが開 催されます。本の内容紹介とともに、この取り組みの基盤となった地域と大学の連携モ デルについても紹介しますので、是非、ご参加ください。

■「鳥取発!過疎地域の戦略セミナー」
日時:2013年3月21日(木)13:00 ~15:10

場所:明治大学リバティタワー1階 1012教室   (東京都千代田区神田駿河台1-1)

主催:鳥取大学(持続的過疎社会形成研究プロジェクト)

費用:無料

後援:明治大学、鳥取県

〆切:2013年3月8日(金)

問合:鳥取大学 研究・国際協力部 社会貢献課

TEL/0857-31-6777

http://gmark.jp/event/1303kasotiiki/kaso0321

申込みの人数によっては1012教室から会場を変更することがあります。

開 催日間近になりましたら

http://www.rprs.net/dd.aspx?itemid=1405#itemid1405 で確認をお願いします。
<セミナー趣旨>

わが国では本格的な人口減少・高齢化を迎え、壮大な社会変革の時代を迎え ています。鳥取大学では、そのフロンティアである地方や過疎地域を対象と して、持続できる地域社会づくりの教育研究を重点的に進めています。その 一つが、学部横断的な組織である「持続的過疎社会形成研究プロジェクト」 による取り組みです。これまでに、文部科学省の財政支援のもと、地方自治 体と密接な連携に基づいたフィールド実践研究を展開してきました。 本講演会では、その研究成果を紹介した書籍『過疎地域の戦略』の出版を記 念し、その内容の一部を紹介するとともに、プロジェクトの体制的な基盤と なった地域と大学の連携モデルについて紹介します。

僕ら地域おこし協力隊~未来と社会に夢を持つ

http://bit.ly/T2sjeX

shibuya1000_005『変わりゆく渋谷』開催!

2013-03-02

「渋谷」をテーマとしたアート展が、渋谷駅地下コンコース、渋谷ヒカリエ アーバンコアを中心とした渋谷市街数ヶ所のサイトでくり広げられます。普段はパブリックな通路ですが、期間限定でアート空間に変わります。展示作品は、一般公募による渋谷の人や風景を写した数百枚の写真、立体オブジェクトなど、全26作家によって出展されます。
shibuya1000は、毎年3月上旬に開催を続けてきました。今年で5回目を迎えます。渋谷のまちづくりに関心を寄せた企業、学校、地域団体が中心となり、集まった実行委員会が主催してきました。
渋谷をテーマとしたアート展を開催しながら、まちを再認識し、これからの姿をみんなでイメージしていこうというねらいがあります。

3月16日に東横線渋谷駅が地下化されるなど、渋谷駅の風景が大きく変わります。そこで、今年のテーマは「変わりゆく渋谷」。
また本年は、街歩きの「探索」と「発見」の楽しみを体験できる情報を提供する「タイムアウト東京」が、スマートフォンによる会場・作品案内を展開します。

名称  :shibuya1000_005 (シブヤセン・ゼロゼロゴ)
      http://www.shibuya1000.jp/
開催期間:2013年3月9日(土)~24日(日) 16日間
    <オープニングイベント 3月9日(土)>
    ・開会セレモニー 10:00~11:00 (受付9:30開始)
     会場:ケアコミュニティ美竹の丘・多目的ホール
         (渋谷区渋谷1-18-9) 
    ・交流会 17:30~19:00(受付17:15開始)
     会場:渋谷公園通り食堂COLORS
        (渋谷区宇田川町1-1 渋谷区役所B1F)
※事前登録制:取材申込はshibuya1000 実行委員会事務局までご連絡ください。

shibuya1000 実行委員会事務局
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ(株式会社アバンアソシエイツ内)
Tel: 03-5467-2640 Fax: 03-5467-2645
e-mail: shibuya1000@aaa.email.ne.jp

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.