2012年8月

地域活性化勉強会・意見交換会in東京 9月14日に開催

2012-08-31

『地域活性化勉強会・意見交換会in東京』

地域活性化総合研究会主催、テーマを外食からみた地域活性化、地域の元気を創出するにはの二つとし、農林水産省食料産業局  外食産業室長  山口靖氏、東京農業大学  教授   木村俊昭さんを講師としてお招きして地域活性化勉強会・意見交換会を開催致します。

日時   2012年9月14日(金)18:30~20:00

会場   グレイスビル泉岳寺前  2階  会議室(泉岳寺駅A2出口徒歩1分)

テーマ  外食からみた地域活性化

講師   農林水産省食料産業局  外食産業室長  山口靖氏

テーマ  地域の元気を創出するには

講師    東京農業大学  教授   木村俊昭

主催   地域活性化総合研究会  代表  池田真紀

会費   2,500円(資料代、軽飲食代ほか)

申込先・お問い合わせ  ikemaki.kitanpo@gmail.com

締切日  9月11日(火)17時まで

定員  20名

びんむすめポスターを撮影して、びん商品をもらおう! 「びんむすめプロジェクト」ポスターラリー開催!!~話題のびん商品を先着500名様にプレゼント!!~

2012-08-30

<びんむすめプロジェクトについて> 日本全国に散らばった、それぞれの地域のガラスびんと、びんにふれあいながら働く地元の看板娘「びんむすめ」を通して、ビンのビジンなところを知ってもらうプロジェクトです。 今後、びんむすめは当協会が展開するプロモーション活動へ登場していきます。

日本ガラスびん協会(会長 清水 泰行/東京都新宿区)は、2012年7月より「ビンのビジンなところを知ってもらう」をテーマにした『びんむすめ』プロジェクトを開始いたしました。本ポスターラリーはびんむすめプロジェクトの一環として開催いたします。

【ポスターラリーとは】 ポスターラリー対象の駅貼りポスターを携帯電話やカメラで撮影。撮影した写真データをもってアクアシティお台場「女神のテラス」の景品交換所へ行くと、先着で500名様にびん商品をプレゼントさせていただく企画です。

◇対象日時

2012年9月1日(土)11:00~19:00         9月2日(日)10:00~18:00

◇景品交換場所

アクアシティお台場 女神のテラス

◇対象ポスター設置個所

新橋、日の出、芝浦ふ頭、お台場海浜公園、台場、船の科学館、テレコムセンター、青海、国際展示場正門、有明、豊洲

※対象駅は全てゆりかもめ線となります

URL:http://www.glassbottle.org/campaign/binmusume/

「七鈴鏡」にちなんだお土産菓子 7色の『等々力渓谷 鈴もなか』~今後、販売額の一部を等々力不動尊の屋根瓦の環境保存のために寄付~

2012-08-29

東京都世田谷区で60年以上営業を続ける和菓子処 八洲(ヤシマ)を展開する有限会社八洲(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:高澤 勉)では、等々力渓谷内で出土された「七鈴鏡」にちなんだ和菓子、7種類の『等々力渓谷 鈴もなか』が販売累計100万個を突破しましたのでお知らせ致します。また、今後、『等々力渓谷 鈴もなか』の販売金額の一部を「等々力不動尊・屋根瓦」の環境保存に寄付し、地域振興に寄与していきます。

■『等々力渓谷 鈴もなか』の開発背景
東京都23区内で唯一渓谷がある街、世田谷区等々力で和菓子店を営業する、和菓子処 八洲では、「素晴らしい歴史と文化、自然に囲まれた等々力ならではの和菓子づくりを続けたい。今後の等々力の環境保存にも寄与していきたい」との思いを込め、大正6年に等々力渓谷内の御岳山古墳(東京都指定史跡)から出土した5世紀半ばに作られたとされる「七鈴鏡(東京都指定有形文化財)」をモチーフに、鈴の形をしたひとくちサイズの最中『等々力渓谷 鈴もなか』を10年前に開発致しました。

■ひとつひとつ手作業で紐を通す7種類の『等々力渓谷 鈴もなか』
皮の色ごとに餡の味が異なる7種類の『等々力渓谷 鈴もなか』はこの度、販売累計100万個を突破致しました。焦がしの皮の中は粒餡、黒炭色の皮には黒ごま餡、黄色の皮には白ごま餡、ピンク色の皮には抹茶餡、藤色の皮には黒糖餡、白色の皮には桜餡、緑の皮にはゆず餡がそれぞれ入っています。ひとつひとつ手作業で紐を通している『等々力渓谷 鈴もなか』は、直径は約4.5センチ、約16グラムと小ぶりで、女性のお客様に大好評をいただいております。

■東京23区唯一渓谷のある街を守る!

今後は『等々力渓谷 鈴もなか』販売金額の一部を等々力不動尊の保全を目指し寄付を開始!
お菓子は地域ごとの食文化や風土を現しやすい商品であるため、これまでも多くの菓子店にて地元の地名を商品に用いた菓子は多数開発されていました。当社では、単に商品名に地名を使うだけでなく、地元の素材を使ったお菓子で、地元に貢献する取り組みとして、『等々力渓谷 鈴もなか』販売金額の一部を等々力不動尊に寄付し、不動尊屋根瓦の環境保存を通じて地域振興に寄与していきます。

有限会社 八洲

http://www.setagaya-1.com/yashima/_pc/

ダンロップスポーツ(株) 市島工場で地域貢献活動を実施

2012-08-28

ダンロップスポーツ(株)(本社:神戸市、社長:野尻 恭)の市島工場では、 従業員による地域貢献活動を継続的に行っていますが、このたび施設内で育 てたカブトムシを周辺の保育園などにプレゼントしました。また施設内で収 穫したスイカを高齢者総合福祉施設の丹寿荘に寄贈しました。

市島工場でのカブトムシの育成は10年ほど前から行っており、工場に併設されたテストセンターで刈り取った芝生でカブトムシが卵を産みやすい環境を作り、育成しています。  今年は全部で57匹を、近隣の認定こども園よしみ、美和保育園、鴨庄保育園の子供たちにプレゼントしました。特に角のあるオスは子供たちに大人気で、とても喜ばれました。  一方、工場内の菜園では、毎年スイカやサツマイモ、白菜などを育てて、従業員への チャリティ販売や、丹寿荘に寄贈するなどしています。今年は天候に恵まれたこともあり、甘い大玉のスイカが収穫でき、寄贈した施設の方からお礼の言葉をいただきました。  当社は今後も地域との共生を図るため、様々な活動を行ってまいります。

ダンロップスポーツ株式会社

地元やんばる(沖縄北部)の特産品を販売する、1日限りのやんばるミニ市場「カヌチャマルシェ」を開催

2012-08-24

カヌチャリゾート(沖縄県名護市、代表取締役社長:白石武博)は、来る8/26(日)に、カヌチャリゾート内アマハジロード付近にて、地元やんばる(沖縄北部)の特産品を販売する「カヌチャマルシェ」を開催いたします。

「カヌチャマルシェ」は、カヌチャリゾートが位置する「やんばる」と呼ばれる沖縄北部に住む農家や民芸品作家などの方々が心を込めて作られた、オリジナル紅型商品などの民芸品、手作りアクセサリー、鉢植えなどを、地元の方々と触れ合いながら楽しくお買い物していただけるミニ市場です。
今回は、アトラクションとして名護市瀬嵩地区の青年会によるダイナミックで迫力のあるエイサー演舞も予定されています。カヌチャリゾートにご宿泊の方だけでなく、地元の方々や、観光客の方々などたくさんの方のご来場をお待ちしています。

開催日時:8/26(日)9:00~13:00

場所:カヌチャリゾート内アマハジロード付近

アトラクション:瀬嵩青年会 エイサー演舞 第1回目 10:30~10:50 第2回目 12:40~13:00

なお、「カヌチャマルシェ」は、7月より毎月第4日曜日に定期的に開催しており、次回は9/23(日)、次々回は10/28(日)を予定しております。

詳細URL:http://www.kanucha.jp/

地元応援クラウドファンディングFAAVOにて、チャレンジ・コミュニティ・プロジェクト(NPO法人ETIC.)主催 「地域仕事づくりチャレンジ大賞2012」の特別プロジェクト開始

2012-08-23

株式会社サーチフィールド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小林 琢磨)は、2012年8月22日より、地元応援クラウドファンディングサービス「FAAVO(ファーボ)」にてチャレンジ・コミュニティ・プロジェクト主催の「地域仕事づくりチャレンジ大賞2012」(事務局:特定非営利活動法人エティック ※以下、NPO法人ETIC.)の特別プロジェクトを開始いたしました。

詳細はこちら FAAVO宮崎 「『地域仕事づくりチャレンジ大賞2012』総合グランプリを応援しよう」

https://faavo.jp/miyazaki/project/8

■FAAVOとは?

ユーザーがお気に入りの街の“地域を盛り上げるプロジェクト”を、遠くにいながら支援/応援できるウェブ参加型の新しい地域貢献プラットフォームです。県内外で行われる“地域を盛り上げるプロジェクト”をFAAVOに投稿すると、共感した全国の同郷の人やその県に思い入れのある人たちなどが輪を広げ、さらにはプロジェクトを実現する支援金を広くから募ることができます。 現在はFAAVO宮崎を展開しております。 https://faavo.jp/miyazaki/

■チャレンジ・コミュニティ・プロジェクトとは?

日本各地で「若者と大人とを実践的プロジェクトでつなぎ、地域に新たな仕事を生み出す」ためのコーディネート機関(全国約30地域の団体が実施)が軸となり、地域から日本を活性化する全国ネットワークです。 http://www.challenge-community.jp/

事務局はNPO法人ETIC.(東京都渋谷区)が務め、ETIC.は、「無限の可能性を持った若い世代に、挑戦と成長の機会を」をテーマに、社会の様々なフィールドで新しい価値を創造する起業家型リーダーを育成し、社会のイノベーションに貢献している団体です。 http://www.etic.or.jp/

■「地域仕事づくりチャレンジ大賞2012」とは?

本イベントは今年で5回目をむかえ、全国から若者(大学生、UIターンを考えている若手社会人)や仕掛人(企業経営者・自治体関係者・大学関係者)ら約400名が会場に集い、全国400事例の中から地域予選を経て選び抜かれた、「若者が地域の大人とタッグを組んで、地域に新たな仕事をつくり出した12事例」について、実際の挑戦者が「仕事づくりのリアルストーリー」として発表し、共に地域の未来を考え、新たなつながりを創りだす学びとアクションの場です。この12事例の中から「総合グランプリ」が選定されます。 今年は9月9日(日)に國學院大學渋谷キャンパス100周年記念講堂にて開催。 http://challenge-community.jp/award2012/

ファイブエル ミシラン 龍亭

2012-08-22

柔らかい酸味が食欲をそそる 冷やし中華発祥の店の「涼拌麺」

龍亭

「冷やし中華始めました」という看板は夏の風物詩 でもある。実はこの冷やし中華、「中華」と名がつい ているものの、日本発祥の食べ物であるのをご存知 だろうか。

時は昭和12年、仙台市内の中華料理店主たちは悩 んでいた。普通の家庭にはクーラーなどない時代。 食欲が落ちる夏場は中華の売り上げも落ちる。そこ で『龍亭』初代店主、四倉義雄氏が考案したのが、 夏でも食欲をそそる「涼拌麺(リャンバンメン)」で ある。

それから75年、涼拌麺は改良を重ねて今の味とな る。鶏まるごと煮込んだコクのあるダシ。夏でも食 欲をそそるやわらかな酸味は、絶妙な割合で絞った オレンジとレモンである。こしのある麺の上にはエ ビが添えられ、くらげ、チャーシュー、きゅうり、 蒸し鶏、錦糸玉子の6種類の具は、涼しげな器に別 盛りされている。そして醤油ダレにくわえて、パン チのきいたゴマだれも用意されている。

現在は四代目の店主となる四倉暢浩氏は言う。「ウチの創業は昭和6年。そもそも祖父の時代には宮 城県石巻市に住んでいたのですが、昭和の津波で被 災して仙台市に移ってきたんです。最初は和菓子屋 を始めようと試行錯誤したと聞いています。僕はサー ファーなので、海の近くに住みたかったのですが、 祖父の話を聞いていた母が、絶対にダメだと言った ので、幸いにも今回の津波は逃れることができまし た」  そもそも中国では冷たい麺は一般的ではないとい う。水がきれいな日本だからこそ誕生した冷やし中 華。そしていくつもの運命が重なって誕生した涼拌 麺なのである。

涼拌麺/醤油だれ、ゴマだれ 1300円

中華料理 龍亭

仙台市青葉区錦町1-2-10

TEL.022-221-6377 月~土

【営業時間】

昼の部11:00~14:30(LO)夜の部17:30~21:30(LO)

日・祭日 昼の部11:00~14:30(LO)夜の部17:00~20:30(LO)

【定休日】不定休

地元が一丸となって“子どもの将来の夢創出”を応援 あきゅらいず美養品、小学生対象「夏休みインターンシップ」を開催

2012-08-21

スキンケアを通じて“人本来のありのままの美しさ”を提案する有限会社あきゅらいず美養品(本社:東京都三鷹市、代表取締役社長:南沢 典子)は、“傍楽(はたらく)”を理念として設立した「はたらき方研究所」のプログラム第1弾として、小学生を招いた「夏休み・小学生インターンシップ」を8月21日(火)から8月25日(土)までの5日間実施いたします。

http://www.akyrise.jp/hatarakikata-lab/2012/07/post-1.html

< 「はたらき方研究所」について > あきゅらいず美養品は、“あきゅらいず”と出会った方全てが健やかに笑顔で暮らせる毎日を応援している会社です。はたらき方研究所は、当社の理念である“傍楽(はたらく)”を胸に、毎日を笑顔で生きる「心」の在り方を研究しようという目的で設立しました。今後も、すべての人が自分らしく生きていくために幸せなはたらき方を考える、触れる場を創出するために地元の企業等と協力しながら活動してまいります。

< 「夏休み・小学生インターンシップ」(8月21日~25日)について >
■ 目的  ~仕事に夢をもつ子どもを三鷹から~
夢が描きにくい社会だと言われている現代の社会。その原因は、楽しそうにはたらいている大人や、わくわくする仕事との接点が持ちにくくなっているからではないかと当社は考えました。「しごとって楽しいことなんだ!」「誰かのために一生懸命になれる大人になりたい!」など、枠にとらわれず生きていく大人を三鷹から増やしていきたい。今回のインターンシップは、子どもたちが仕事に夢を持って生きている大人と実際に接したり、また自分たちでお客様にサービスを提供することで、仕事をする楽しさや「はたらく」とはどういうことなのかを感じてもらうことを目的としています。
■ 魚屋、レストラン、農園…。   様々な仕事と人に触れ合い「はたらくとは何か?」を学ぶ
5日間のインターンシップ期間のうち、8月21日~8月24日は、当社運営レストラン「森の食堂」のほか、「魚孝」様(魚屋)や「清水農園」様(農園)、「小鳥の樹」様(フレンチレストラン)など様々な職場を見学していただきます。はたらく人と実際に接することで、自身にとっての“傍楽”とは何かを考えていただき、また、「仕事」として成立させるために必要な仕組みや、お金の価値なども学んでいただきます。
■ 仕入れやメニュー開発など小学生自ら行い、1日限定でレストランを開店
最終日である8月25日は、参加者である小学生が自分たちでメニューを企画し、素材の仕入れ、仕込みを行い、1日限定のレストランを開店します。自分たちでお客様にサービスを提供することで、見学するだけではわからない“傍楽”を体感してもらうことが目的です。場所は当社運営レストラン「森の食堂」にて行います。
【インターンシップ概要】

開催日:2012年8月21日(火)~2012年8月25日(土)

主催 :有限会社あきゅらいず美養品

協力 :

小鳥の樹(URL: http://kotorinoki.sharepoint.com/Pages/default.aspx )

魚孝(URL: http://koganei.shop-info.com/uokoh/ )

清水農園(URL: http://www1.parkcity.ne.jp/kiyomasa/ )

参加者:小学2年生~6年生、5名

北海道 チャリティマルシェ2012秋開催のご案内 9月8日、9日

2012-08-20

震災からまもなく1年半がたとうとしています。 被災地のこと。 北海道に避難されている被災者のこと。 テレビや新聞では報道されなくなりました。 決して、震災は終わったわけではありません。 被災地は、震災から立ち直ったわけではありません。 これは、先日までしばらく東北に滞在し、被災地の現状を見、被災者の方々とお話 をした中で感じたことです。東北の人は、愚痴を言わず、必死に前に進もうともがいています。 一方で、放射能という見えない恐怖に今もおびえながら、それでも毎日を生きてい ます。

復興に向け、一歩ずつ前に進む企業。 しかし、遅々として進まない復興計画。使いにくい国の制度。 最近は義援金も集まらなくなりましたが、決してお金が足りているわけではありま せん。 復興の青写真が見えず、リスタートがきれない被災者。 北海道に避難した被災者の方々も、新たな困難を承知のスタートに過ぎません。

私たちができることはなんなのでしょうか。 考えること、知ろうとすること。そして、なにより、やれることを惜しまず、行動 に移すことではないでしょうか。いまなお3,000人を超える被災者の方々が、希望の大地北海道に避難していま す。

被災地・被災者の今を知り、そして北海道農業が被災地・被災者のためにできるこ とを考え、そして、私達のできることを続けていきたい。 そんな思いから、豊穣の秋を迎える9月に、チャリティマルシェ2012秋を開催 します。今回のサブタイトルは、「It’s not over.」としました。 まだ、なにも終わっちゃいない。私たちひとりではやれることは限られていますが、北海道の底力は、みんなの少し ずつの「思い」の結集だと思っています。 皆さんには足を運んでいただき、手に取り、買っていただければ、その思いを被災 地・被災者の皆さんにお届けしようと思います。お近くの方は是非足を運んでいただき、またお知り合いにもお伝えいただければ幸いです。

概要————-

● 日 時 2012年9月8日(土)・9日(日) 10:00〜19:00 ※農産物販売会場は10:00〜17:00

● 場 所

メイン会場:event space EDiT (札幌市中央区南2条西6丁目13-1 南2西6ビル地下 1F)

農産物販売会場:東急ハンズ札幌店前 (札幌市中央区南1条西6丁目4-1)

(さらに…)

石川県限定の地域情報サイト「ミリスト」の運営開始・無料登録の募集

2012-08-18

ホームページの制作、SEO・SEM対策などWEBマーケティングを手掛ける、有限会社 Aifer Web Service(所在地:石川県金沢市北安江2-24-13、代表取締役:小関裕一)は、石川県限定の地域情報サイト「ミリスト」の運営を開始しました。「ミリスト」へご登録いただける事業者様・店舗運営者様を募集しています。

会社概要を一方的に集めたようなリンク集ではなく、事業者や店舗運営者が情報を発信できる「石川県」に特化した地域情報サイトの構築を目指し開発しました。「ミリスト」は石川県のグルメや専門家、レジャーやエンタメ、暮らしの情報など様々なジャンルの石川県に関係する地域情報をお届けする総合サイトです。
ミリストへ登録することにより、お客様のビジネスやホームページをアピールすることができます。お客様へのホームページへ自由なテキストリンクを設定することが出来るため、SEO対策の一環としてもご利用いただけます。また、ホームページをお持ちでない事業者様も登録することができ、専用のお問い合せフォームが設置されるため、ホームページ代わりとしてもご活用いただけます。なお、現在すべての機能を無料でご利用いただけます。

<ミリストの特長>

1:ミリストを経由した集客が期待できます。 当社の本業であるSEO対策を施すことにより、検索経由でのユーザーを獲得し、登録いただいたユーザーのホームページへ誘導します。
2:ミリストからの被リンクによるSEO対策としての効果が期待できます。 石川県に特化した地域情報サイトからのリンクは、スパムの恐れが極めて低い貴社にとって良質な被リンクとなります。
3:ホームページをお持ちでない事業者様も登録することができます。 お問合せフォームを設置することが出来るため、ホームページの代わりとしてのご利用も可能です。
4.現在提供している機能は全て無料で利用することができます。

詳細: http://www.aifer.jp/

« Older Entries

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.