2012年7月

地域活性化の活動に挑戦する研修生を都市から募集!(北海道浦河町)

2012-07-30

北海道浦河町では農林水産省支援のもと、都市部住民を対象に「地域活性化」をテーマとした 6 ヶ月間の実践研修「田舎で働き隊!」事業の参加者を 1 名募集いたします。研修期間中は浦河町内に在住し都市住民の目線を生かした「地域の場づくり」や「地域商品開発」を目的とした調査やイベント企画を行ないます。研修生は研修期間中、手当を受け取りながら活動することができます。そのため地域への移住や起業のきっかけとしての活用も考えられます。

北海道浦河町も多くの地域と同じく、可能性と課題を秘めています。海と山に囲まれ、豊かな海産物・農産物といった食の資源を持ちながらも、人口流出と高齢化による後継者不足に悩まされています。課題を抱える一方で、行政が主体となった積極的な移住者の受け入れや、町内在住の女性の起業など、地域の活性化に関する動きも盛んになってきました。本事業は農林水産省「食と地域の交流促進対策交付金」を活用し、都市部の人材に研修生として浦河町に在住し、活動してもらいます。 「浦河のここが面白い」 「こんなもの食べたことがない」といった町民が気づかない地域の魅力を発見してもらうことを目指します。 新鮮な目線と自由な発想から浦河の新たな価値づくりを目的として活動します。また、本協議会は町内の商業者、養鶏家、酪農家、福祉団体職員、行政で組織されています。

代表:小山直(マルセイ協同燃料㈱)

 

●研修概要(取り組み例)

研修生の興味関心やスキルによって以下から重点テーマや取り組み方を決定したいと考えています。

外からの視点による地域の魅力ある食材の調査・発掘

・農家や漁業者へのヒアリング。商品の魅力やストーリーの発掘と取りまとめ。お年寄りへの伝統的な調理法などのヒアリング。

浦河の食材を生かした新商品の企画・開発。

・有志の商品開発グループ「浦河めぐみの会」へ参画し、都市住民として味はどうか、パッケージやネーミングに関するアイデアを出してもらう。 配食サービス「おかんのおかず弁当」に使用する地元食材を活用した新メニュー開発。

「食」を通じて地域の人がつながる場づくりの調査・企画

・上記の食材や商品を提供できる場所づくり。空き店舗の活用に関する調査など。

 

詳しい研修概要・募集要項・申し込みはこちら!

協議会ウェブサイト http://urakawa-tsunagu.blogspot.jp/

 

【関東最大・5万株】たんばらラベンダーパーク 一番の見ごろを迎え、ラベンダーフェスティバル開催!(7月28日,29日)

2012-07-28

株式会社東急リゾートサービス(本社:東京都渋谷区、社長:平塚秀昭)は、群馬県沼田市にて運営する関東最大・5万株の「たんばらラベンダーパーク」が一番の見ごろを迎え、2012年7月28日(土),29日(日)に「ラベンダーフェスティバル」を開催することを、お知らせいたします。

たんばらラベンダーパークにて栽培されている15種類のラベンダーは、それぞれ異なる開花時期によって「早咲き」「中咲き」「遅咲き」に分類されます。「早咲き」が色づき始めてから「遅咲き」の収穫を迎えるまで、ラベンダーパークの開園期間は約2ヶ月ありますが、例年、7月下旬~8月上旬が一番の見ごろとなります。 今シーズンにつきましては、先週末からおよそ2万株の「早咲き」が見ごろとなっております。今週から「中咲き」2万株も色づいてきており、一番の見ごろ期間のはじまりとなります。その後、「遅咲き」1万株も色づき、お盆(8月中旬)まで見ごろ期間がつづく予定です。また、サルビア・マリーゴールドなどの園芸種につきましても、同時期に見ごろを迎え、「彩の丘」「虹の畑」など色彩豊かな花々も一緒にご覧いただけます。

ラベンダーパーク一番の見ごろにあわせ、7月28日(土),29日(日)の2日間、 イベント盛りだくさんの「ラベンダーフェスティバル」を開催いたします。

詳細情報 / ホームページをご覧ください。http://www.tambara.co.jp/

(さらに…)

小田急電鉄など、神奈川県で初めて乗り物コロカ提供を開始!提携交通事業者が25社へ

2012-07-27

株式会社コロプラ(代表取締役:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下 「コロプラ」)は、「おでかけして地域に活力を」という設立理念に基づき、 位置情報ゲーム「コロニーな生活」と提携する日本全国の公共交通事業者様を 追加して計25事業者といたしました。

今回追加する交通事業者様では、「コロニーな生活」で3年弱に渡って提供 している「コロカ」のシステムを取り入れた「全国乗り物コロカ制覇の旅」 (2012年4月開始)として「乗り物コロカ」を提供いたします。 小田急電鉄様をはじめとする小田急グループとの提携はコロプラ社として 初めての取り組みとなり、また、今回の提携により神奈川県内で初めて 「乗り物コロカ」を提供します。 コロプラは、本取り組みを通じて”おでかけ”につながる機会を提供し、 日本を元気にする一助となれればと考えています。

乗り物コロカを入力すると、「コロニーな生活」内で各社沿線の駅や 観光地、デジタルお土産を集める「デジタルスタンプラリー」に参加でき ます。攻略状況に応じて、限定デジタルアイテム「乗り物コロカ旅なテーマ [昼][夕][夜]」や「乗り物コロカ旅金貨」などを獲得できます。   【全国乗り物コロカ制覇の旅 概要】 全国25の公共交通事業者で「コロカ」対象きっぷを購入すると、各社の 「乗り物コロカ」を入手できます。 乗り物コロカ裏面のシリアル番号をコロニーな生活内でユーザが入力すると、 各社オリジナルデザインのデジタルアイテム「●●●の模型」を獲得すること ができます(アイテム名が一部異なる交通事業者がございます。 詳細は各交通事業者にお問い合わせください)。さらに「乗り物コロカ」入力 で、各社ごとに用意された「デジタルスタンプラリー」に参加できます。 指定された駅や観光地、デジタル上のお土産を集めるミッションをクリア すると、クリア数に応じて限定デジタルアイテム「乗り物コロカ旅なテーマ [昼][夕][夜]」や「乗り物コロカ旅金貨」などを獲得することができます。

【株式会社コロプラ 会社概要】 社名:株式会社コロプラ http://colopl.co.jp

サンケイリビング新聞社 神奈川県と地域活性化に向けた『連携と協力に関する包括協定』を締結

2012-07-26

この度、サンケイリビング新聞社は、神奈川県における県民サービスの向上と地域の一層の活性化を目的とし、神奈川県と『連携と協力に関する包括協定』を締結。7 月24 日、神奈川県知事とサンケイリビング新聞社の代表取締役による締結式が行われました。
また、包括協定締結に先駆けて、サンケイリビング新聞社のホームページで県の太陽光発電の普及促進(かながわソーラープロジェクト)と連携した「太陽光発電キャンペーン」の展開がスタートしております。6月には県内リビングWeb 会員に「太陽光発電アンケート調査」を行い、7 月からは太陽光発電の基礎的な情報や県の取り組みを分かりやすく伝えるコラムを『リビング横浜Web』で連載中です。

リビング横浜Web http://mrs.living.jp/yokohama2/sp/taiyo/120705/
この協定締結を機に、神奈川県との緊密な相互連携と協働による活動を推進し、防災や環境保全・エネルギー対策、健康増進、子育て支援、教育等のさまざまな分野で、生活者目線に立った分かりやすい情報発信を通じて、県民サービスの向上、地域の一層の活性化を目指します。
■本件に関するお問い合わせ先

サンケイリビング新聞社 横浜本部 永田・川戸

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町5-78 キリン横浜ビル6F

Tel:045-661-1711 Fax:045-640-1080
○サンケイリビング新聞社 コーポレートコミュニケーション室 杉山・大田

Tel:03-5216-9222  Fax:03-5216-9248  E-mail:cc@sankeiliving.co.jp

西嶋和紙の産地が、「絆」をテーマにした心温まる絵手紙を募集!~第5回西嶋和紙絵手紙展を開催、応募は8月31日まで~

2012-07-25

山梨県南巨摩郡身延町の西嶋和紙絵手紙展実行委員会は、平成20年から「なかとみ和紙の里」(同町西嶋345)で絵手紙展を開催しており、今年も『第5回西嶋和紙絵手紙展』の作品募集を開始いたしました。

西嶋和紙」の産地として知られる山梨県南巨摩郡身延町西嶋地区。戦国時代(永禄)の頃に伊豆地方から製紙の技術が伝えられ、この地域に根付いたといういわれがあるほど、歴史と伝統を誇っています。こうした伝統を多くの人に知ってもらおうと、西嶋和紙絵手紙展実行委員会は平成20年から、「なかとみ和紙の里」で絵手紙展を開催。毎年、全国から1,300点以上の応募を頂いています。

今回は、メインテーマを「絆」、サブテーマを「日本のこころ」とし、心温まる作品を募ります。募集期間は7月2日から8月31日(当日消印有効)までです。応募作品は作品集(1冊1,500円)として発刊いたします。

■運営

主催:西嶋和紙絵手紙展実行委員会

共催:身延町、やまなし伝統工芸館、身延町教育委員会、身延町商工会、みのぶ観光センター、西嶋郵便局、西嶋和紙工業協同組合

詳細URL: http://www.nishijima-washi.jp

(さらに…)

「モバオクで社会貢献」プロジェクト開始

2012-07-24

株式会社ディー・エヌ・エーの子会社である株式会社モバオク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 光洋、以下モバオク)と 公益財団法人信頼資本財団(所在地:東京都千代田区、理事長:熊野 英介、 以下信頼資本財団)は、モバオクが運営するオークションサイト「モバオク」 (http://mbok.jp)で、チャリティープロジェクト「モバオクで社会貢献」 を開始します。

「モバオクで社会貢献」は、ユーザがオークションの出品者として得た売上金を、 支援したい社会貢献プロジェクト(対象プロジェクトは「モバオクで社会貢献概要」 を参照)を選んで寄付することが可能な、オークションを通じた新しい チャリティープロジェクトです。これまでの主なチャリティーオークションでは、ユーザは落札者として関わる事が多く、 寄付金の運用に関しては運営会社や寄付先の団体に一任されていましたが、 「モバオクで社会貢献」に参加したユーザは自らの不要品や余剰品をオークションを 通じて取引し、売上金を寄付することによって社会貢献プロジェクトを 支援することができます。 「モバオクで社会貢献」でユーザから寄付された金額は信頼資本財団を通じて 各プロジェクトへ 分配されます。

モバオクは、これまでもオークションを通じて豊かな社会に貢献したいと考えて多くの チャリティーオークションを行なっており、2011年度の累計寄付金額は4,835,817円に 上ります。 モバオクは、これからもオークションプラットフォームを活用した社会貢献を 行なっていきたいと考えていいる模様です。

(さらに…)

ファイブエル ミシラン もつ料理 かわ乃

2012-07-22

後援:観光庁
「にっぽん日和」は観光庁後援のコンテンツです

 

博多っ子に愛される 本物のもつ鍋の味

もつ料理 かわ乃

昭和二八年創業の博多の老舗『かわ乃』は、ニラを 入れたもつ鍋の発祥の店として名高い。戦後の食糧難 の時代に、初代女将が安く食べられる酒のつまみとし て開発したのが始まりだ。

現在も初代、二代目、三代目 ……と歴代三人の女将たちが、創業当時の味を大切に守 り続けている。

「当店のもつ鍋は、味はもちろん素材にもこだわって います。もつは国産牛のみを使い、ニラやキャベツな どの野菜もすべて特別栽培です」と、二代目女将の井 上恭子さん。安心・安全なもつを提供すべく、もつの 下処理は女将が自ら丁寧に行い、化学調味料なども一 切使わず、肉から出る旨味だけで勝負。飽きのこない 美味しさの秘訣でもある。

スープは醤油、味噌、和風の三種類。具材はもつと 山盛りのニラのみ、とシンプルだ。もつはミノ、セン マイ、大腸、小腸、ケツクリ、ハツ……など八種類前 後あり、新鮮なため臭みは一切なし。プリプリした食 感と、噛めば噛むほどに口の中にジュワッと広がる肉 汁と脂の甘み、さらにニンニク風味のさっぱりしたスー プが相まって、箸が止まらなくなること間違いない。 また、お好みでキャベツを加えれば、マイルドな味わ いに変わり、これまた癖になる。そして最後はもちろ んチャンポン麺で〆よう。

鍋以外にも、もつとじ、酢もつ、女将の手作り一口 餃子などメニューも豊富に揃い、味にうるさい博多っ 子が普段使いに、宴会にと足繁く通う、まさに地元で 一目置かれた名店。一方で、女将たちの気さくで温か いおもてなしも、客足を絶やさせない魅力の一つだ。  「母から受け継いだ伝統の味を今後もずっと守り続け ていきたいです」(二代目女将)  もつ鍋の湯気の中には、親子代々受け継がれてきた 真心もこもっている。

 もつ料理 かわ乃(春吉本店)

  福岡市中央区春吉2-16-8

 TEL.092-761-2926

 【営業時間】 17:00~24:00

 【定休日】 不定休

学生復興支援団体Youth for 3.11、学生が京都で浴衣を作製、被災地の子ども達へ送り、地域の方と共に祭りを開催するボランティアプログラム「YUKATAI」を実施

2012-07-20

学生復興支援団体Youth for 3.11は、今夏、被災地在住の子ども達へ学生が京都で伝統技術により作製した浴衣を送り、地域の方と共に祭りを開催するプログラム「YUKATAI」を実施します。ボランティアの学生が関西からの「つながり」への思いを込め浴衣を作製し東北に届け、地域の人と学生が共に作る夏祭りを共に楽しむことで「つながり」を深めます。


当プログラム「YUKATAI」の第1回目の企画として、7月23日、24日に京都にて浴衣の染め会を行います。 関西にいながら出来るボランティアプログラム、職人の方の指導のもと、浴衣を染めるので初心者の方でも大歓迎です。

<日時> 2012年7月23日、24日 19:00~23:00 ※途中退席も可能ですので相談下さい。 ※1日のみ参加も大歓迎!
<場所> tezomeya(京都市中京区麹屋町通夷川上る笹屋町456-2F) http://www.tezomeya.com/index.html
<参加費> 無料
<対象> 学生
<応募方法> 募集フォームより応募下さい→こちら ※受付期限:7月21日
主催 Youth for 3.11関西支部

参照URL;http://www.youthfor311.com/イベント/京都-yukatai染め会/

(さらに…)

大阪・岸和田のだんじりが、被災地・石巻市を目指す!「被災地応援だんじり曳行プロジェクト」が10月スタート

2012-07-19

一般社団法人 被災地応援だんじり曳行プロジェクト(大阪府岸和田市岸野町)は2012年10月20日、大阪・岸和田の「だんじり」を、東日本大震災の被災地である、宮城県石巻市に届けるプロジェクトをスタートいたします。全国各地で、地域の人々と共にだんじりを曳(ひ)き、来年3月11日の石巻市到着を目指します。

2012年10月20日に岸和田を出発しただんじりは、半年をかけ全国各都市を巡り北上、2013年3月11日に被災地・宮城県石巻市の到着を予定しています。途中、週末を中心に各都市でだんじりを曳行(えいこう)する他、募金活動などのイベントを展開、被災地の復興支援を呼びかけます。

※道路使用許可の関係上、各都市間のだんじりの移動はトラックにて行い、現地でだんじりを降ろし、曳行します。 また各都市では、岸和田で実際に曳き手をしている者から募ったボランティア約100人で結成したプロチームと、各都市の地域の人々とが協力し、だんじりを曳きます。 そしてプロチームの約100人は、各都市でのイベント開催スケジュールに合わせ、毎回、岸和田から貸し切りバスで移動する予定です。

●プロジェクト開催期間 2012年10月20日~2013年3月11日 (各都市でのイベントは土日祝を中心に予定)

●だんじり曳行予定都市: 大阪市内、京都市内、奈良市内、名古屋市内、静岡県内、東京・お台場、宮城県石巻市 (これら以外にも調整中の都市があります)

被災地に寄贈するだんじりと、「曳行プロジェクト」のメンバー(一部) http://www.atpress.ne.jp/releases/28652/a_1.jpg

半年をかけ、岸和田のだんじりが被災地・石巻市を目指します http://www.atpress.ne.jp/releases/28652/c_2.png

詳細: 一般社団法人 被災地応援だんじり曳行プロジェクト・ホームページ http://www.danjiri-project.jp

(さらに…)

足立区制80周年記念事業 「“モチベーション”で“地域のちから”を掘り起こせ!」プロジェクト シンポジウム「『絆』の行動科学~幸福度を高めるモチベーションの話~」

2012-07-18

東京未来大学(所在地:東京都足立区千住曙町34-12、学長:大坊 郁夫)は、当該分野では日本で初めての学部となる、やる気を科学する学部「モチベーション行動科学部」を新たに設置いたしました。 この度、東京未来大学、同モチベーション研究所主催で、足立区制80周年記念事業の一環、シンポジウム「『絆』の行動科学~幸福度を高めるモチベーションの話~」を開催することとなりました。また、連携公開講座も開催を予定しております。

世の中の半分の高校生は「自分には能力がない」と感じています。「ママ友を作るためには…」と頭を悩ませてしまう子育て世代が多くいます。「今後年齢を重ねて、安全に安心して暮らせる社会になるのだろうか…」と考えてしまう方が多くいます。そのような不安や悩み、世の中の問題に対して、「高校生のための自己肯定力の醸成」「子育て世代のコミュニケーションスキル」「高齢社会における幸福感」の3つのテーマから、会場参加型のシンポジウムを開催します。聴衆意見もとりいれつつ、足立の魅力を引き出し、地域活性化に向けた提言を導き出していきます。

日時:2012年7月21日(土) 受付14:30~/開催時間15:00~17:30

会場:東京芸術センター 21階(天空劇場) 東京都足立区千住1-4-1

備考:定員400人/参加費無料/申込不要

主催:東京未来大学、同モチベーション研究所

共催:足立区

シンポジウム・公開講座   : http://www.tokyomirai.ac.jp/motivation/symposium/

東京未来大学        : http://www.tokyomirai.ac.jp/

同 モチベーション行動科学部: http://tokyomirai.ac.jp/motivation/

同 こども心理学部     : http://www.tokyomirai.ac.jp/faculty/psychology/

« Older Entries

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.