6月 20th, 2012年

6月 ヤマナシ良品、「身延・南部フェア」を開催中

2012-06-20

ヤマナシ良品 クロスオーバーカフェ甲府駅前店(山梨県甲府市)・eveやまなし(神奈川県横浜市)にて、「身延・南部フェア」が6月1日より6月30日まで開催されています。身延町からは、「ゆば」と「竹炭」の商品が出品。ゆば工房五大」から身延の天然水と、国産大豆を使用した個性豊かな商品が提供されています。また、食材としても注目を集める竹炭は、「竹炭ロール」やイートインコーナーの「黒冷麺」「黒カレー」をご賞味いただけます。

【身延ゆば】  日蓮宗総本山、久遠寺の門前町である身延町は、京都、日光に並ぶゆばの産地です。そのルーツは約700年前、日蓮聖人が身延山に在山している間に、弟子が「栄養食に」と上人に差し出したことによると言われています。  以来、ゆばは滋味豊かな精進料理として町民に愛されるとともに、身延町が日本有数のゆばの産地であることは、町民にとって大きな誇りとなっています。  町内にはゆば料理を提供する飲食店が数多くあり、地元で製造されるゆばを使用して、日々、個性あふれる味わいが探求されています。
【竹炭】  身延駅を南に進むと、竹林に囲まれた和田峠があります。20年ほど前、豊富な資源を利用して何かをしようと地域の高齢者を中心に、竹炭の製造が始まりました。  竹炭には、脱臭や除湿の効果があり注目が集まっています。  最近は、腸内環境の活性化やデトックス効果もあることから食材としても利用され、竹炭を使ったスイーツ「竹炭ロール」などアイディアの詰まった商品が続々と発売されています。

【ヤマナシ良品】

山梨県の優れた県産品の中から厳選した逸品を集めています。山梨県の地域ブランディングを目指した商品展開です。地域の逸品を集め、テスト販売からスタート。消費者に県産品の良さを肌で感じてもらう中で、山梨の地域ブランディングの向上を目指しています。

【お問い合わせ】

株式会社 Rolling-C「ヤマナシ良品」事務局

TEL  :055-228-4125 所在地:山梨県甲府市下石田2-29-14

▼ヤマナシ良品 http://yamanashi-ryohin.com

新しい公共フォーラム2012 第6回「白熱討論! これからの『農業』を語ろう」

2012-06-05

新しい公共フォーラム2012 第6回「白熱討論! これからの『農業』を語ろう」

市民キャビネットは、多様な主体が協働する公共社会の実現をめざし、「新しい公共フォーラム2012」を月毎に開催しています。
6回目の今回は、都市農山村交流や農商工連携のソーシャルビジネスの先駆者であり、市民キャビネットの創立メンバーの曽根原氏と大塚氏をお招きします。
対話型討論で、ゲストとたっぷり語り合っていただきたいと思います。

●日時
6月18日(月) 18:30~20:30 (18:00開場)

●会場
霞が関ナレッジスクエア(霞が関コモンゲート西館3階)
地下鉄・虎ノ門駅11番出口徒歩1分、霞ヶ関駅 A13番出口徒歩6分、他
地図 http://www.kk2.ne.jp/footermenu/access.html

●プログラム
【第1部】 基調講演 18:35~
「農村資源と都市のニーズで10兆円産業創出」
曽根原 久司氏(NPO法人えがおつなげて代表理事、NPO法人南アルプス山の学校理事長、内閣府地域活性化伝道師、山梨県立農業大学校講師、やまなしコミュニティビジネス推進協議会会長)

【第2部】 対話型討論 19:20~
「これからの農業を語ろう」
大塚 洋一郎氏(NPO法人農商工連携サポートセンター代表理事)
曽根原 久司氏(NPO法人えがおつなげて代表理事)

農業の6次産業化、農村ツーリズム、森林資源循環、自然エネルギー、ICT活用などからテーマを絞り、ゲストとフロアの対話型討論を行います。

 

●主催 新しい公共をつくる市民キャビネット農都地域部会

●協力 えがおつなげて、農商工連携サポートセンター、HOSP!、未来ビレッジ、元氣農業開発機構、富士山クラブ、自然環境復元協会、森林資源活用バンク、桜山きづきの森、JC総研、ナルク、インキュベーションサーカス、しまのがっこう、他多数を予定

●定員 60名 (お申し込み先着順)

●参加費 1,500円

●申込み WEBフォーム(http://goo.gl/ll5rd )からお願いします。

 

●お問い合わせ

市民キャビネット 農都地域部会事務局
TEL:080-5485-1440(杉浦)
E-mail:noutochiiki@gmail.com
URL:http://blog.canpan.info/noutochiiki/

法政大学にて第3回市民主権・地域主権フォーラム 開催

2012-06-05

2011年3月11日に発生した東日本大震災、貧困から餓死をも招く経済不況、支え合いを失わせる財政悪化やコミュニティ崩壊。不安で閉塞感に満ちた社会であるからこそ、既成の概念や仕組みにとらわれない政策形成や市民(住民・NPO・企業等)の活動が必要となっています。そして、次代の日本社会は、「地域主権」という方向に動きつつあり、政府部門を越えたNPO等の「新しい公共」の活躍を期待するようになっています。また、市民が自治の取組みを豊かにするとともに、市民と行政が協働し、また地域と国が協働して、社会・経済基盤の再構築を図ることが重要です。 そうした問題認識のもと、市民活動情報センターでは、『地域主権時代の新しい公共 希望を拓くNPOと自治・協働改革』を出版するとともに、新たに東京事務所の開設を行うことにしました。「第3回市民主権・地域主権フォーラム」は、それらの記念も兼ねて、次代が求める日本社会の再構築に向けて希望を拓くべく、市民活動情報センターと法政大学大学院中小企業研究所が共催して開催するものです。

日時:2012年6月28日(木)13:30〜17:00(開場13:00)

交流会 17:10〜18:30

会場:法政大学 ボアソナード・タワー26階スカイホール

(東京都千代田区富士見2-17-1 市ヶ谷駅又は飯田橋駅下車徒歩10分)

アクセス⇒ http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html

参加費(資料代):1,000円、交流会費:3,000円

主催:NPO法人市民活動情報センター、法政大学大学院中小企業研究所 後援:地域活性学会

※プログラムの詳細はこちらのホームページをご覧下さい  http://www1m.mesh.ne.jp/~sic/

雫石町観光キャッチフレーズ募集のお知らせ

2012-05-10

現在、雫石町(岩手県岩手郡雫石町)のキャッチフレーズとして「山(やま)と牧場(まきば)といで湯のまち」を掲げておりますが、40年以上前のキャッチフレーズ決定から社会情勢の大きな変化に伴い、観光に対する価値観も変化してきており、キャッチフレーズに求められる意味合いも変わってきました。

このことから、「雫石町」の統一イメージの醸成と知名度アップをめざして、雫石町の観光キャッチフレーズを作成し、積極的に町内外にPRしていきます。

多くの方に認知されると共に、町民から愛され、定着するキャッチフレーズを募集しています。

 

☆募集期間:平成24年5月7日(月)〜6月15日(金)

10:30〜19:00(最終日は〜17:00)

☆応募対象者:どなたでも応募できます。

☆選考及び賞金等:応募全作品の中から、優秀賞4作品を選択し、優秀賞の中から最優秀賞1作品を決定します。

・優秀賞(4作品) 賞金 3万円

・最優秀賞(優秀賞の中から1作品)

優秀賞賞金3万円+最優秀賞賞金1万円=4万円

+雫石町特産品セット

 

これから雫石町が発信していくイメージを考えてみませんか?

たくさんの応募をお待ちしております。

 

■詳しくはウェブサイトをご確認ください。
http://www.town.shizukuishi.iwate.jp/modules/kankou/index.php/content0120.html

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.