2011年5月

ANA系格安航空会社 ブランド名は「peach」

2011-05-25

全日本空輸が香港の投資会社と共同で設立した

格安航空会社(LCC)「A&F・アビエーション」は24日、

同社のブランド名を「Peach(ピーチ)」とし、

社名も「ピーチ・アビエーション」に変更したと発表した。

 

同社が拠点とするのは関西国際空港。

 

料金は未発表だが、国内線は12年3月に札幌、福岡便の就航、国際線は同年5月、

韓国・ソウル(仁川空港)便の就航を計画している。

 

機内サービス有料化などコスト削減で運賃は大手の半額程度にする方向。

 

コスト削減によりアジアからの観光客や、

国内の若年層の国内旅行などが増えれば

関西経済だけではなく、日本全体の経済効果に繋がる予感。

孫社長「電田プロジェクト」を提案

2011-05-25

 

ソフトバンクの孫正義社長は23日、参院行政監視委員会に参考人として出席し、

「原発への依存をできるだけ早く下げていかなければならない」という言葉を皮切りに、

新たなエネルギー政策の提言を行った。

現在日本の発電電力の90%は火力と原子力が占めており、残りの10%が自然エネルギーである。

そこで孫社長は、自然エネルギーの供給量を10年後には

10%から30%に引き上げる仮想を立て、「電田(でんでん)プロジェクト」を提案した。

「電田プロジェクト」とは、

現在日本に50万ヘクタール以上あるという休耕田や放棄農地に

太陽光発電装置を設置するというもので、

全国の休耕田や放置農地の約2割に太陽発電装置を設置することで、

原発50基分の発電ができるというプロジェクトである。

 

実際にドイツでは2000年から全量買取制度を導入しており、

2004年の改定を経て国内で太陽光発電ブームが起きている。

孫社長は、日本も全量買取制度をを導入し、

産業界のエコシステムをまわさなければならないと主張した。

【緊急要請・今福島の子供達が危ない】

2011-05-24

【緊急要請・今福島の子供達が危ない】

————————————————————————————-

福島の子供達は(特に学校の校庭)の放射能測定値が高い為

外で遊べない状況が続いています。

今緊急にしなくてはいけないことは、
夏休みに福島を離れることが必要です。
そこで皆様にお願いします、
福島の子供達を夏休みに受け入れしていただける所を探しています。
是非みなさまのご協力お願いいたします、情報お待ちいたします。

 

—————————————–

元気な福島をみんなで作ろう!
NPO法人 元気になろう福島
〒960-1102
自宅/福島県福島市永井川字古寺23-3
TEL.024-563-7166 FAX.024-545-8908

☆大丸有エリア 農産物のマルシェ☆

2011-05-24

☆☆大丸有エリア 農産物マルシェ☆☆

———————————————————————————–

 

大丸有エリアでも、
各所で、農産物のマルシェの動きが広がってきました。

○5月26日(木) 東京海上日動 1Fテラス

時間:12:30
主催:福島県

詳細:http://www.ecozzeria.jp/shimbun/news/2011/05/21/tokyokaijo_marche.html

 

○5月27日(金) 行幸通り地下通路

時間:12:00〜18:00
主催:実行委員会(NPO大丸有エリアマネジメント協会、青空
市場、三菱地所)

詳細:http://www.ecozzeria.jp/shimbun/news/2011/05/22/gyoko_marche.html

 

○5月23〜28   丸ビル1Fマルキューブ
主催:東京商工会議所

☆わがまち2011 CMコンテスト☆

2011-05-23

☆☆わがまち2011 CMコンテスト☆☆

————————————————————————————————-

 

■作品部門
・映像部門(30秒)
・音声部門(20秒)

■応募方法
「わがまちCMコンテスト2011応募申込書」に必要事項を記入し、

応募要領記載の方法に従い、応募作品を主催者あて応募してください。

※詳細は添付資料(PDF)、リンクの詳細情報でご確認ください。

 

■応募期間 6月1日〜9月16日

関東地域(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、静岡)を対象としています。

※詳細は添付資料(PDF)、リンクの詳細情報でご確認ください。

 

会場:表彰式:平成23年11月26日(土) 栃木県 小山市立生涯学習センター

イベント詳細情報:総務省関東総合通信局「わがまちコンテスト2011」

資料:○資料○

☆被災地ボランティア報告会☆

2011-05-23

☆被災地ボランティア報告会/ご意見交換会☆

————————————————————————————————-

震災から2ヶ月経過しました。アミタグループは5月の連休に社員有志を募り、
被災地でボランティア活動をしてまいりました。

 

活動状況はこちら→ ひと・つながり募金ブログ  http://hito-tsunagari.blogspot.com/

そこで被災地のために企業が何をできるか、報告会・意見交換会を開催いたします。
被災地に赴いた社員の現地報告会と共に、被災地のために企業が果たすCSRを
共に話し合う場になればと考えております。

復興のために何をできるか考えておられる企業の方は、お気軽にご参加ください。

【日時】 5月27日(金) 17:00〜18:30 (16:30開場)
※遅れてのご参加となる場合はその旨をお知らせください。

【場所】 アミタホールディングス株式会社 9階セミナールーム
【対象】 東日本大震災の被災地支援にご興味のある企業の方
【内容】
1)アミタ株式会社よりボランティア活動の報告
・被災地は今どういう状態になっているか
・被災地の産業が復興するために必要なものは何か?
2)参加された方との意見交換
3)アミタからのお知らせ

【定員】   20名程度
【参加費】 無料 (終了後 懇親会有)
※懇親会は会費3,000円程度を想定しております
懇親会のみの参加も承ります

【お申し込み】 https://business.form-mailer.jp/fms/1fa608e26445

★ふくしまげんきまつり★

2011-05-23

★ふくしまげんきまつり 〜福島に近い皆様へ〜★

——————————————————————————————-

5月27日・28日、福島県の被災者支援「ふくしまげんきまつり」を催します。

 

東京から露天商20人・和太鼓奏者15人・エイサー踊り10人他、総勢60人が

ボランティアで「ふくしまげんきまつり」を盛り上げます!!

出来るだけたくさんの被災者の方にお会いしたいと思っていますので、

是非遊びに来てください!

 

5月27日(金)ホテル「リステル猪苗代」前にて

15:00  『ふくしまげんきまつり』

15:00  屋台7〜10台 和太鼓(15人)演奏など

17:00  終了

 

5月28日(土)福島県営あづま総合体育館前にて

11:30  第1回目開催『ふくしまげんきまつり』

(若風エイサー隊、和太鼓TAWOO タヲ 演奏 )

(露天の方々との交流 ̶たこ焼きを焼いたり、お店屋さんになったり)

13:30 第2 回目開催 『ふくしまげんきまつり』

木村 研(手作りおもちゃで遊ぼう)

ワークショップ(エイサー踊り方、太鼓で遊ぼう)

第3回目 開催

和太鼓TAWOO タヲ、若風エイサー隊 競演演奏

(皆さんと一緒に楽しく踊りましょう)

 

参照

頑張れ!リステル猪苗代

http://nemoji.blog.ocn.ne.jp/ashita/2011/05/post_127c.html

福島の被災地・避難所

http://nemoji.blog.ocn.ne.jp/ashita/2011/05/post_14e4.html

お問い合わせは nemo@vega.ocn.ne.jp まで

☆映画『幸せの経済学』5・22(日)上映☆

2011-05-20
映画『幸せの経済学』日本全国113ヶ所一斉上映!
http://www.shiawaseno.net/100-2
───────────────────────────────────

 

 

3月11日に発生した東日本大震災は、「当たり前」の日常を、ガラスのコップを
叩き割るように一瞬にして破壊しました。

 

 

* 電気を湯水のように使えるという当たり前
* 生まれ育った土地で家族と安心して今日も明日も暮らし続けられるという安心
* 水も、食べ物も安心して食べられるという当たり前
* 子どもを外で遊ばせられるという当たり前

 

 

3.11東日本大震災は、地震と津波に原発事故が重なった未曾有の大災害。

言わずもがな放射能汚染とは何十年と向き合っていかねばなりません。
それに、地震大国である日本全国に点在するその他原発関連施設も、
いつ同じような災害に見舞われるかという不安もあります。
私たちは今、一つの時代の境目に立っています。

 

 

(さらに…)

☆「がんばっぺ!茨城・鉄道の再生⇒まちの元気」☆

2011-05-20

☆☆「がんばっぺ!茨城・鉄道再生⇒まちの元気☆☆

—————————————————————————————

《日時》:平成23年7月30日(土曜日)15時〜17時

《会場》:ひたちなか海浜鉄道・那珂湊駅構内

《入場券》:(150円)・乗車券でご入場ください

《講演内容》:

○ご協力団体の皆様からのご挨拶

○パネリストからのライブトーク

○会場の皆様との意見交換

 

お問い合わせ・お申し込みなど、詳しくはこちらをご覧ください。

 

2011年度総会記念ライブトーク(PDF)

 

 

☆地域鉄道フォーラム「地域鉄道の安全防災対策について」☆

2011-05-20

☆☆地域鉄道フォーラム「地域鉄道の安全防災対策について」☆☆

——————————————————————————————-
鉄道は、安全を確保し、自然災害にも強い鉄道となることを目指しています。
地域鉄道に対する国の支援の仕組み、鉄道の安全防災対策の現状や技術を知り、
鉄道利用者あるいは沿線住民としての役割を考えます。
国土交通省鉄道局後援。

 

期 日:平成23年6月11日(土)13時00分〜15時00分
場  所  東武博物館ホール(東武伊勢崎線東向島駅)

講演
1.地域鉄道支援の概要
-国土交通省鉄道局地域鉄道支援室長 横田孝洋氏
2.東武鉄道の安全防災対策の取り組み
-東武ステーションサービス株式会社常務取締役 宇賀神 博氏
(前 鉄道事業本部安全推進部課長)
3.地域鉄道の安全防災対策
-公益財団法人 鉄道総合技術研究所 理事 河合 篤氏
質疑応答
閉会

 

 

« Older Entries Newer Entries »

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.